無料相談はアイシア法律事務所

不倫相手とキスしただけでも、不倫慰謝料を支払う義務はありますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手とキスしただけでも、不倫慰謝料を支払う義務はありますか?

不倫相手の配偶者から不倫に基づく慰謝料を請求された場合でも、肉体関係がないときは不倫慰謝料を支払わなくて良い可能性が高いです。
一般的に、不倫に基づく慰謝料請求は、法律上は、あなたと不倫相手が「不貞な行為」(不貞行為、民法770条1項1号)を行ったことを原因とするものです。そして、不貞行為とは、男女間の性交渉をいうと解されているので、肉体関係がない場合は不貞行為が存在せず、慰謝料請求が認められないのが原則です。

例外的に、長期間の親密な交際によって夫婦関係を破たんさせたと認定された場合や、ラブホテルに入ったが性的不能であり肉体関係を持たなかった場合は、裁判例上慰謝料請求が認められています。例外的に慰謝料請求が認められる事案か否かは、具体的な不倫交際の経緯等によりますので、弁護士にご相談ください。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加