無料相談はアイシア法律事務所

不倫慰謝料を請求されたが無視しても大丈夫?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫慰謝料を請求されたが無視しても大丈夫?

不倫慰謝料を請求された場合は内容証明郵便が送付されます。内容証明郵便自体は法的効力があるわけではありません。

しかし、慰謝料請求をされたときに無視を続けると、最終的には裁判になって請求された不倫慰謝料金額の全額が認められてしまうこともあります。不倫慰謝料を請求された場合、早めに対応するべきです(最終更新日:2018年12月18日)。

ある日突然、不倫慰謝料を請求されら…

不倫相手の配偶者や不倫相手(愛人)から不倫慰謝料や手切れ金を請求される場合は、ある日突然、不倫慰謝料を請求する旨の通知書が送られます。とくに不倫相手の配偶者からの不倫慰謝料を請求された場合、不倫相手の配偶者は顔も見たこともなく、どうして良いか困惑されると思います。

不倫相手の配偶者の慰謝料請求事案では、弁護士名義の内容証明郵便により慰謝料請求されることがあります。弁護士名義の内容証明郵便が届くとどうなるのだろう、何かとんでもない効力があるのではないかと心配されるかもしれません。

しかし、内容証明郵便には請求された慰謝料の金額が確定するなどの効力はないのでご安心ください。弁護士から内容証明郵便で慰謝料請求されるのは以下のような狙いがあるにすぎません。

  • 内容証明郵便という形式によるプレッシャーを与える
  • 慰謝料請求の内容・日付を書面にて残す

詳しくは、「慰謝料請求の内容証明郵便と訴状の効果」の記事もご覧ください。

不倫慰謝料を請求する内容証明郵便と訴状の効果
慰謝料請求の内容証明郵便と訴状の効果 不倫慰謝料を請求された場合、弁護士名義の内容証明郵便や訴状が届くことがあります。今回...

不倫慰謝料の請求を無視すると裁判のリスクが

しかし、不倫慰謝料や手切れ金を請求された場合、これを無視することは得策ではありません。

とくに相手が弁護士を立てて不倫慰謝料、手切れ金の請求をしている場合、無視し続けると裁判を起こされる可能性が高いです。無視しておけば相手方が慰謝料請求を諦めると期待するのは危険です。

弁護士に依頼するときは、既に弁護士費用を支払っていたり、弁護士としてもメンツがあるため無視しておけば慰謝料請求を諦めることはほとんど期待できません。慰謝料請求の通知書が送られてきた以上は氏名・住所を知られているため弁護士であれば法的措置を取ることも容易です。

慰謝料請求の内容証明郵便を無視し続けると、弁護士から裁判を起こされて慰謝料請求をされてしまいます。

本来なら請求された不倫慰謝料、手切れ金について減額交渉で解決できた事案であっても、裁判になってしまうと、手間や時間がかかるだけではなく、裁判に対応するための弁護士費用や、相手方の弁護士費用(慰謝料等の10%程度)の負担も増えてしまいます。

最終的には不倫慰謝料の請求が全額認められてしまう

仮に、不倫慰謝料を請求された理由に心当たりがない場合でも、請求や裁判を無視すると最終的には相手方から請求された通りの不倫慰謝料金額が認められてしまいます。

従って、不倫慰謝料を請求された場合は、無視することなく早めに対応するべきです。

請求された慰謝料はほとんどの事案で大幅に減額することが可能です。どのような理由があれば慰謝料を減額できるかは以下の記事を参考にしてください。

>>『不倫慰謝料の減額交渉における5つの理由』の記事を読む。

慰謝料減額交渉 5つの理由【弁護士執筆】
慰謝料減額交渉は慰謝料請求されたときに避けては通れません。慰謝料の減額で失敗しないために知らないと損をする交渉時に使える5つの理由を弁護士が徹底解説しました。

慰謝料請求される根拠がないとき
肉体関係は持っていない、又は不倫相手から夫婦関係は破たんしていると聞かされたなどの理由があり、慰謝料請求される根拠がないため相手方は慰謝料請求できないだろうと思うのは危険です。

不倫相手の配偶者は一般的に不倫の内容を全て知っているわけではないため、適切な反論をしないと肉体関係がないような事案でも慰謝料請求を諦めることはありません。また、裁判手続においても反論しないと相手方の言い分が認められてしまいます。

もし慰謝料請求される根拠がないと考えても、請求を無視すれば相手方も諦めてくれるだろうと思うのではなく、適切な反論が必要だと言う点にご注意ください。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加