無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:訴訟で不倫慰謝料440万円の請求を受けた事案 弁護士が訴訟対応を行って365万円の不倫慰謝料減額に成功

解決事例:訴訟で不倫慰謝料440万円の請求を受けた事案 弁護士が訴訟対応を行って365万円の不倫慰謝料減額に成功

1. 事案の概要

依頼主様(40代/女性)は、ご自身も結婚されていましたが、インターネットで知り合った既婚男性に口説かれたことで不倫関係になりました。いわゆるW不倫の事案でしたが、依頼主様は相手方男性と真面目に交際しておられました。

しかし、依頼主様は、相手方男性と最終的に破局し、また、不倫が原因でご主人とも別居に至ってしまいました。依頼主様としては、相手方男性の仕打ちに対して怒りの気持ちがありました。しかし、相手方男性の奥様も不倫関係を知ったため、依頼主様は奥様の弁護士から440万の不倫慰謝料請求の訴訟を提起されました。

不倫慰謝料を裁判で請求されてしまうと、不倫慰謝料の減額ではできないと思っておられる方もいます。しかし、裁判になった事案でも不倫慰謝料の減額は可能です。

2. 不倫慰謝料減額をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1)     訴訟に強い/徹底的に戦う姿勢

不倫慰謝料の減額を行っている法律事務所の中には、訴訟で不倫慰謝料請求をされると対応してくれない法律事務所も少なくありません。とくにCM等の広告宣伝を行っている大手法律事務所は、案件処理を効率に行うため、不倫慰謝料請求をする場合でも、不倫慰謝料を請求される場合でも、訴訟を回避する傾向にあるようです。

しかし、アイシア法律事務所は、日本を代表する四大法律事務所出身弁護士が設立しており、一流ノウハウに基づいて訴訟対応の経験も豊富です。依頼主様は、不倫慰謝料を訴訟で請求された段階でご相談にいらっしゃいました。しかし、依頼主様としては相手方男性への怒りもあり、アイシア法律事務所は訴訟に強く徹底的に戦う姿勢を評価いただきご依頼に至りました。

2.-(2)     スピーディな対応

また、本件は不倫慰謝料請求訴訟を提起され、依頼主様に訴状が届いてから法律相談にお越しいただいた事案でした。法律相談にお越しいただいたときには、裁判期日が約10日後に差し迫っていました。

そこで、お話を伺った弁護士がスピーディに対応し、委任契約締結手続きや裁判期日に提出する書面作成等を迅速に行いました。

依頼主様は初めての裁判であり、差し迫った裁判期日に不安を覚えておられました。しかし、アイシア法律事務所の弁護士のスピーディな対応にご安心いただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1)     不倫に至った経緯・不倫で被った不利益を主張

弁護士は、裁判期日に向けて依頼主様からお話を伺って、不倫に至った経緯等について最大限有利な事情を主張しました。

とくに本件では、不倫に至った経緯について、相手方男性が積極的に交際を求めており、依頼主様は終始不倫に対して消極的だという事情がありました。また、不倫の結果として、依頼主様は相手方男性に気持ちを踏みにじられたほか、ご主人とも別居に至っており、不倫によって既に相当の制裁を受けたという事情もありました。

3.-(2)     裁判例の徹底リサーチ

また、本件と同種事案の裁判例を徹底的にリサーチしたところ、不倫慰謝料の金額はいずれも100万円以下だと分かりました。そこで、弁護士は裁判例のリサーチに基づいて、本件で参考になる裁判例と本件の事実関係の共通点があること、裁判例を参照した場合に不倫慰謝料の金額は高額になるものでないことを主張する書面を作成しました。

裁判所にとっては、他の裁判例でどのような判断がなされているのか、当該裁判例と本件はどの点が共通しているのかについて最も関心があります。裁判例のリサーチと分析によって、裁判所にも本件で440万円もの高額な不倫慰謝料は到底認められない事案でなることを納得いただきました。

4. 解決結果:75万円の支払いで和解 不倫慰謝料365万円減額に成功

最終的には、裁判所の勧めもあって和解により解決できることができました。依頼主様は、相手方弁護士から440万円もの不倫慰謝料を請求されました。しかし、アイシア法律事務所が裁判対応で徹底的に戦ったことで、裁判所の提案した和解の結果は75万円の支払いで解決できました。

弁護士から不倫慰謝料請求訴訟を提起されると、不倫慰謝料の減額はできないと思っておられるかもしれません。しかし、訴訟になった事案でも不倫慰謝料の減額は可能です。

不倫慰謝料の減額について法律相談と見積りは無料です。正式にご依頼いただくまでは費用は一切発生しません。弁護士直通の電話による無料法律相談も行っております。不倫慰謝料を請求された場合は、まずはお気軽にお問合せください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可