無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:不倫慰謝料を230万円減額 大手法律事務所の弁護士との粘り強い交渉が大幅減額に結びついた事例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:不倫慰謝料を230万円減額 大手法律事務所の弁護士との粘り強い交渉が大幅減額に結びついた事例

1. 事案の概要

依頼主様(20代/女性)は、大手企業で勤務されていましたが、同じ部署に異動してきた男性社員と何度か一緒に食事をするうちに、プライベートでも連絡をとるようになりました。最初は、あくまで職場の先輩、後輩として接していましたが、男性が何度もアプローチしてきたため、不倫関係に至ってしまいました。

しかし、何度か会っているうちに2人の関係を男性社員の奥様が知ってしまいました。一度は関係を清算したものの、その後も男性社員のアプローチが続いていたことから、奥様は不倫関係が継続しているものと思い込んでいました。そして、依頼主様は奥様の弁護士から300万円の不倫慰謝料を請求されてしまいました。

2. 不倫慰謝料減額をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1)     土日や夜間でも法律相談に対応

依頼主様は大手企業にお勤めだったため、平日の日中に来所されることが困難でした。

アイシア法律事務所では、平日夜間や土日の法律相談もお受けしているため、依頼主様のお仕事の状況に合わせて、スムーズに初回の法律相談にご来所いただけました。

2.-(2)     人間関係が複雑な事案にも対応

社内不倫の事案であったため、ご依頼主様は不倫関係を清算した後も不倫相手の男性社員と顔を合わさざるを得ませんでした。そして、不倫相手からのアプローチが継続していたため、奥様が不倫関係の継続を疑い、300万円という高額な慰謝料請求をされてしまいました。また、依頼主様自身も精神的な負担を生じ、会社を休まざるを得なくなったり、お仕事に支障がでたりしてしまいました。

アイシア法律事務所では、不倫慰謝料減額の豊富な実績があるため、人間関係の複雑な事案にも対応しています。依頼主様は、ご自身が反省すべき点はあると考える一方で、自分に非がない部分まで責められるのは納得がいかないというお考えでした。アイシア法律事務所は、弁護士自らが交渉を対応し、人間関係が複雑な事案でも1つ1つ丁寧な交渉を行います。ご依頼主様は、アイシア法律事務所でればご依頼主様の意向を最大限反映した交渉ができると期待され、ご依頼に至りました。

3.  解決までの流れ

3.-(1)     スピーディーに交渉開始

ご依頼主様は、大手法律事務所の弁護士から300万円もの高額な不倫慰謝料請求の連絡を受け、精神的に多大な負担を感じていらっしゃいました。他方で、ご依頼主様は早期に法律相談を受けて対応することを希望されていましたが、平日日中しか対応してくれない法律事務所が大半でした。アイシア法律事務所の弁護士は、早期に法律相談したいご依頼主様の意向に沿って週末に法律相談を受け、翌週には相手の弁護士に対し、受任通知を送付して交渉を開始しました。

これにより、交渉の窓口がアイシア法律事務所の弁護士に代わるため、ご依頼主様の精神的負担は大きく軽減されました。

3.-(2)     土日、夜間の打ち合わせ対応

不倫慰謝料の請求に対応するためには、弁護士と複数回打ち合わせをすることが欠かせまん。ご依頼主様はお仕事のために平日の日中に来所する時間をとることができませんでした。

法律相談のみならず、その後の打ち合わせであってもアイシア法律事務所は、土日、夜間の打ち合わせも対応しております。そのため、ご依頼主様のお仕事が終わる午後6時以降の打ち合わせが可能でした。そのため、複数回の打ち合わせを重ねることができ、ご依頼主様のご意向を最大限反映して、減額交渉を進めていきました。もっとも、電話の打ち合わせだけで解決できる場合もあります。もし来所してのお打合せがご負担となる場合は遠慮なくお申し付けください。

3.-(3)     細心の注意を払った交渉

ご依頼主様は、大手企業にお勤めであり社会的地位がある方だっため、交渉が決裂して裁判になることを避けたいという意向をお持ちでした。他方で、相手方弁護士からの請求は300万円と高額なものでした。そのため、一方的にご依頼主様の考えを主張するだけでは、交渉が決裂して裁判となる可能性もありました。

そこで、アイシア法律事務所の弁護士はご依頼主様の意向を最大限伝えることを念頭に置きつつも、ご依頼主様の反省のお気持ちもしっかりと伝えることなどにより、裁判にならないように最大限の注意を払って慎重に交渉を進めました。そのため、無用に男性社員の奥様を刺激することなく交渉を進めることができ、最終的には裁判には至らず、話し合いのみで和解に至りました。

3.-(4)     裁判例の徹底的な検討を踏まえた交渉

不倫相手が同じ会社の先輩であったため、いったん不倫関係を清算した後も不倫相手である男性社員からのアプローチが継続していました。しかし、そのことはご依頼主様に非があるものではなく、実際に不倫関係の清算後は不貞行為も一切ありませんでした。むしろ、ご依頼主様は、男性社員のアプローチが継続したことにより精神的苦痛を被っていました。

アイシア法律事務所の弁護士は、徹底的に類似の裁判例を検討し、不倫関係に直接関係があることだけではなく、それ以外の事情であってもこちらに有利だと考えられることを最大限主張し、ご依頼主様の立場を相手方にもしっかりと理解してもらえるよう交渉を進めました。

4. 解決結果:230万円不倫慰謝料減額/解決期間約6か月

最終的には、奥様に、ご依頼主様が反省していること、男性社員の行動にも相当の問題があったことをご理解いただきました。

当初は、奥様の弁護士から300万円もの不倫慰謝料を請求されていましたが、最終的には70万円の解決金支払いでの解決となりました。減額交渉によって、不倫慰謝料を230万円減額することができました。

不倫慰謝料の減額について法律相談と見積りは無料です。正式にご依頼いただくまでは費用は一切発生しません。弁護士直通の電話による無料法律相談も行っております。不倫慰謝料を請求された場合は、まずはお気軽にお問合せください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加