無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:W不倫の事案 約2か月で奥様にばれずに300万円減額

解決事例:W不倫の事案 約2か月で奥様にばれずに300万円減額

1. 事案の概要

依頼主様(30代/男性)は、ご自身も結婚をされていましたが、会社の取引先で知り合った女性と意気投合し、その後、交際に発展しました。女性にご主人がいることを知った上でのW不倫でした。

ご依頼主様は、女性のご主人から、不貞行為(不倫)を理由とする500万円もの高額の損害賠償請求を内容とする通知書(内容証明郵便)を受け取り、驚愕し、対応に困ったため、アイシア法律事務所にご来所されました。

2. 不倫トラブルをアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 豊富な解決事例

ご依頼主様はアイシア法律事務所のHPに掲載されている解決事例をご覧になって依頼していただきました。特に、ご自身が望まれることに対して、早期に対応してもらえそうであるとのご期待から、アイシア法律事務所にご来所してくださいました。

アイシア法律事務所では様々な解決事例を掲載しております。特にご依頼者様の中では早期解決に重点を置かれている方も少なくありません。アイシア法律事務所は、豊富な解決事例を有しており、事案に応じて短期間での解決を常に目指しております。

2.-(2) 経験豊富な弁護士が多数在籍

アイシア法律事務所には、不貞行為に基づく慰謝料請求に対して減額を多数実現してきた経験豊富な弁護士が在籍しております。その英知を結集し、日々、お互いに研鑽を積んでおりますので、様々な事案に対して、迅速かつ丁寧な対応が可能です。

弁護士が1人の法律事務所では、専ら事務員が対応し、なかなか弁護士と直接話すことができないという不満の声を聞くことがあります。アイシア法律事務所は、弁護士数8名(2018年1月1日現在)を誇るため、弁護士がしっかり手厚くサポートいたします。

3. 解決までの流れ

3.-(1) 高額請求に対する初動対応

女性のご主人は、不倫関係による精神的苦痛として500万円もの損害を被ったと主張して来ました。

しかし、相手の女性と旦那さんとの婚姻関係は約5年とそれほど長くはなく、不貞関係も約3か月程度と短いものでした。そして、過去の裁判例によると、不貞慰謝料の事案では、(i)不貞の内容・期間、(ii)婚姻関係の状況、破綻の有無等が考慮要素として、これに加えて(iii)婚姻期間も加味して慰謝料の金額が判断されてきました。裁判例の基準に照らすと、本件事案では、500万円という請求金額は高額すぎると判断することができました。

そのため、当事務所の担当弁護士は、着任早々、慰謝料として500万円は高額すぎることを相手にお伝えいたしました。

3.-(2) 早期解決を最優先した解決

相手方からの慰謝料請求に対しては大幅減額を目指した解決も考えられました。

しかし、ご依頼者様が解決に当たって最も優先されたのが、ご依頼主様の奥様や職場に今回の事が発覚することなく秘密裏に解決することでした。

従って、妥当な慰謝料額としては、50万円から100万円ほどであると考えられましたが、解決のための示談金として、当事務所弁護士は200万円という額を相手方に提案することにいたしました。

その結果、相手方の反応も軟化し、結局、慰謝料額200万円で早期決着することができました。

このような解決方法をとることも比較的よくあるといえます。ご依頼主様が何よりも秘密裏に早期解決を望まれる場合には、示談金は多少高額になるものの、その分、時間的にかなり早期解決が図られる場合があります。

アイシア法律事務所では、お客様のご依頼を最大限取り入れて、事案の適切な解決を目指します。

4. 解決結果:不倫トラブルの早期解決に成功 解決期間約2か月

本件では、不倫相手の旦那さんからの高額の慰謝料請求がなされた事案でしたが、最終的に2か月という短期間での解決に成功しました。アイシア法律事務所では、減額交渉に粘り強さを発揮する一方、引き受けている不倫慰謝料請求減額の案件の多くは約3か月で解決しております。

W不倫の事案において、不倫慰謝料を請求されたときでもご自身の配偶者に不倫がバレずに解決することは可能です。対応が手遅れになって不倫がバレてしまう前にまずは無料の電話相談にお電話ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可