無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:合意書が締結されていた事案 不倫慰謝料を200万円減額

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:合意書が締結されていた事案 不倫慰謝料を200万円減額

1. 事案の概要

ご依頼主様(30代/女性)は、職場の上司である既婚男性から離婚について相談を受けているうちに、上司である男性と不倫関係に至りました。交際期間は1年未満でありその期間、ご依頼主様は男性に奥様がいる罪悪感から何度も男性に別れを告げました。しかし、実際には男性からのアプローチもあって、ずるずると男性に会ってしまい別れられませんでした。

本件では、ご依頼主様と相手方奥様は弁護士に依頼する前に当事者同士で不倫慰謝料300万円を支払う旨の合意書を締結していました。しかし、ご依頼主様としては、高額な不倫慰謝料を現実的に支払う資力がないためアイシア法律事務所に減額を依頼されました。

2. 不倫慰謝料の減額をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1)     豊富な解決事例

ご依頼主様はアイシア法律事務所のHPに掲載されている解決事例をご覧になって依頼していただきました。とくに自分の境遇に似た解決事例があり、アイシア法律事務所の解決方針に共感いただけたようです。

アイシア法律事務所HPでは様々な不倫慰謝料請求の減額事例を掲載しております。もっとも、掲載している解決事例はごく一部にすぎません。掲載されていないような内容であっても豊富な解決事例がありますので、安心してご相談ください。

2.-(2)     銀座の一等地・便利な立地

弁護士に相談するのは敷居が高いと言われますが、初めて弁護士事務所を選ぶときは不安が絶えません。アイシア法律事務所は銀座に事務所を構えており、一等地にオフィスがあるということでご安心いただいたようです。

また、銀座は丸の内や新橋等からのアクセスが良いため、サラリーマンやOLの方から相談しやすい便利な立地です。とくに職場不倫の事案では、不倫相手と一緒に相談にお越しになる方もおられますが、職場から相談に来やすいことも決め手の一つです。

3. 解決までの流れ

3.-(1)     既に締結された合意書の効力を否定

本件はご依頼前に既に合意書が締結されていた事案でした。しかし、合意書を作成した経緯、裁判になった場合に比べて合意された300万円は高額であること等から、まずは合意書の効力を否定する必要がありました。

たしかに、一旦合意書を作成してしまうと、合意書の内容に拘束されますし、通常の事案に比べて減額が困難です。しかし、合意書の内容と不倫に関する事情次第では合意書があったとしても、不倫慰謝料を減額することも可能です。まずはお気軽にご相談下さい。

3.-(2)     様々な減額事由を挙げ減額に成功

ご依頼主様は男性から何度も肉体関係を迫られていたことや、男性から離婚の相談を受けていたこと等の有利な事情がありました。これらの事情に基づいて、ご依頼主様は不倫に対して消極的・受け身であり、また、男性と奥様の婚姻生活は元々破たんのおそれがあったこと等の減額事由を主張しました。

不倫慰謝料を請求された事案では話しづらい事実であっても、実はあなたにとって有利な事情であることが多いものです。法律相談においてお客様のご事情やご要望をじっくりとヒアリングして、ご相談しやすい雰囲気作りを心掛けております。

3.-(3)     相手方弁護士と粘り強く交渉

本件は、不倫慰謝料を支払う旨の合意書が存在していた事案であり、相手方弁護士は強気に交渉してきました。しかし、様々な事情を考慮すると、相手方奥様にとって不倫慰謝料を多少減額しても、きちんと支払いがなされる方が良い事案でした。

そのため、アイシア法律事務所の弁護士は、合意書が存在するものの減額事由も多数存在すること、納得できる解決を図る方が双方にメリットがあること等を指摘して粘り強く交渉を行いました。

4. 解決結果:合意書があったにもかかわらず不倫慰謝料200万円の減額成功・解決期間約3か月

本件では、既に不倫慰謝料300万円を支払う旨の合意書が存在する事案でしたが、最終的に200万円の減額に成功しました。解決期間は約3か月であり、早急に解決できました。アイシア法律事務所で引き受けている不倫慰謝料請求減額の案件の多くは約3か月で解決しております。早期に解決されたい場合はすぐに無料の電話相談にお電話ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加