無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:請求された慰謝料200万を50万に減額して合意解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:請求された慰謝料200万を50万に減額して合意解決

1. 事案の概要

ご依頼主様(30代/女性)は職場の既婚男性と不倫関係になり、そのことが奥様にばれて会社を辞めるように求められました。職場を辞めることは難しかったためご依頼主様はアイシア法律事務所にご相談されました。

その後、男性の奥様から慰謝料として200万を請求されてしまいました。

2. 慰謝料を請求された事案をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 顔の見える弁護士が対応

アイシア法律事務所のHPにおいて弁護士のプロフィールと顔写真を公開しております。初めて慰謝料を請求されて不安も多い中で、どんな弁護士か分かっていることで皆様にご安心いただいております。

ご依頼主様もご来所前にHPをご覧いただき、弁護士の雰囲気を知っていただいたことで、スムーズにご依頼いただけたようです。

2.-(2)     請求された慰謝料を減額する確かな実績

私たちは、不倫で慰謝料を請求された事案に力を入れており、数多くの解決実績を誇っています。あまりに高額な慰謝料を請求された事案はもちろん、150万円~200万円程度の慰謝料を請求された事案では本当に減額できるのかご不安になられるかもしれません。

しかし、不倫の経緯や内容次第では150~200万円程度の慰謝料であっても減額できることがあります。私たちは、150万円~200万円程度の慰謝料を請求された事案でも確かな減額実績があることがご依頼の決め手となったようです。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3. 解決までの流れ

3.-(1) 会社の人、ご家族にバレずに解決

ご依頼主様は会社やご家族に慰謝料を請求されたことをバレずに解決することを望んでおりました。不倫をして慰謝料を請求された案件のお客様はご家族や友人、会社の人に秘密で解決したいと仰る方が少なくありません。アイシア事務所はそのようなご希望にお応えするために、お客様とのご連絡などに関して最大限の配慮をするよう努めさせていただきます。本件でもご依頼主様の会社やご家族にバレずに解決することができました。

3.-(2)     職場の退職を回避

また今回の事件では、職場不倫の事案であったことから奥様から元々退職を求められていました。職場不倫の事案では退職を求められることは少なくありませんが、不倫をしたからと言って直ちに退職する必要はありません。

本件では、職場不倫の事案であったものの不倫は継続しないこと、職場でも不用意に接触しないことを誓約し、職場の退職を回避することができました。職場で今後も働けるように合意書において秘密保持義務や接触禁止の条項を工夫して定めました。

とくに接触禁止条項は、一切の接触を禁止すると職場でやむを得ず会話をした場合も形式的には合意書の違反となります。そこで、不倫に繋がるおそれがない接触に関しては合意書の違反とならないように弁護士が文言を工夫しました。

4. 解決結果:慰謝料200万を50万に減額成功、解決期間約5カ月

男性の奥様から慰謝料200万を請求されてしまいましたが、ご依頼主の深い反省を伝えるとともに、ご依頼主様の経済状況や、従前の夫婦間の状況を指摘しました。最終的には50万を支払うことで合意解決できました。ご依頼主様にご依頼いただいてから約5か月で合意解決できました。

今回は、男性の奥様から直接様々な要求を受け、ご自身では対応しきれないと感じてご依頼主様はご相談して来てくださいました。このように不倫相手の配偶者の方から直接、連絡を受けた場合はすぐにアイシア法律事務所にご連絡ください。お電話相談、ご来所していただいて正式にご依頼いただくまでは一切、お金はいただきません。まずはお気軽に、お電話でご相談ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加