無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:示談交渉で330万円の慰謝料減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:示談交渉で330万円の慰謝料減額に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/男性)は、同窓会で再会したことをきっかけとして同級生の女性と親密な関係になりました。女性が既婚者であるということは最初から知っておりましたが、ご自身も寂しさを紛らわすために、肉体関係はなかったものの、旅行をしたり、女性と食事を共にしました。

しかし、そのことが女性のご主人に知られてしまい、ご依頼主様は400万円の慰謝料を請求されてしまいアイシア法律事務所にご相談いただきました。

2. 慰謝料トラブルをアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 解決事例の豊富さ

慰謝料を請求された事案については多数の解決事例を掲載させていただいてます。私たちは、慰謝料を減額したい、直接対応をするのは難しい、退職要求を回避したい、職場や家族にバレたくない等の様々なお考えをもつ方からご依頼をいただいております。今回の依頼主様も数多くの解決事例をご覧になって、私たちにご相談・ご依頼いただきました。

2.-(2) ホームページの内容

私たちは、不倫トラブルについて注意するべき点や解決までの流れなどホームページにて詳しくご紹介しております。ご依頼主様は相談したい事案をインターネットで検索し、私たちがヒットしたとのことで、お電話でお問合せいただき、ご来所されました。

 

3. 解決までの流れ

3.-(1) 裁判を起こさずに交渉での解決

今回のケースでは、裁判で徹底的に争えば完全勝訴の可能性はありました。しかし、不貞行為の有無等を最後まで争われると裁判が長期化するデメリットが生じてしまいます。ご依頼主様は、会社の人に知られずに早期かつ円満な解決を望まれておりましたので、今回は示談で相手方と交渉しました。

3.-(2) 弁護士の粘り強い交渉

今回のケースは不貞関係があったか否かが大きな争点となりました。相応の年齢にある成人の男女が交友関係を継続するなかで、2人で旅行に出かけた場合、不貞関係が強く推認されると主張されました。

しかし、ご依頼主様から何度もヒアリングを行って不貞行為が一切なかったことを裏付ける事情を確認しました。ご依頼主様から伺った事情を論理的に説明するとともに、不貞行為がなかったことを前提に弁護士が粘り強く交渉しました。

4. 解決結果:慰謝料330万の減額に成功、解決期間約5カ月

本件は、2人で会っていた期間・頻度・態様等から請求された慰謝料が認められる事案ではない私たちはと考えておりました。しかし、弁護士はご依頼主様が慰謝料の減額よりも、穏便・円満な解決を望まれていることを踏まえて対応を行いました。

ご依頼主様が肉体関係はなかったものの、誤解を生じさせたことを深く反省されていたことを伝えました。その上で、弁護士が粘り強い交渉を続け、当初は慰謝料400万円を請求されていましたが、330万円を減額し、70万円で合意解決することができました。解決期間は5カ月でしたが、その間、周囲の人に気づかれることもなく穏便にことを済ませることができました。

もし相手方から慰謝料等を請求された場合、一人で悩まずにすぐにアイシア法律事務所にお問合せください。アイシア法律事務所は土日祝日・夜間にも対応しております。また、正式にご依頼いただくまで一切費用はかかりません。まずはお気軽にお電話でご相談ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加