無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:2度目の不倫で慰謝料300万を130万に減額して合意解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:2度目の不倫で慰謝料300万を130万に減額して合意解決

1. 事案の概要

ご依頼主様(50代/女性)は、職場の既婚男性と連絡先を交換したことをきっかけに二人で会うようになり、そのうち肉体関係を持つようになりました。不倫を開始してからしばらく相当期間が経過した後に、男性が奥様にメールを見られてしまったことから不倫がばれてしまいました。

奥様に不倫がバレたため一度は不倫関係を清算しましたが、清算後に男性から連絡を受けたことをきっかけにご依頼主様は再度不倫関係を始めてしまいました。その後、男性の奥様から慰謝料300万を請求されてしまいまいた。

2. 慰謝料を請求された事案をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 豊富な解決事例

アイシア法律事務所は設立後から現在まで、不倫の慰謝料を請求された側の事案に力を入れて問題解決に取り組んできました。その中で、いくつかの事例についてはホームページで公開しています。ご依頼主様は解決事例をご覧になりアイシア法律事務所に相談してくださいました。

2.-(2)     絶対減額保証の自信と安心

慰謝料を請求された事案においては、不倫期間が長期間に渡ったり、いきなり訴訟を提起されたり、又は既に示談書を締結している等の一見減額が難しいことも少なくありません。弁護士に依頼しても請求された慰謝料を減額できなければ弁護士費用を損してしまいます。

そこで、私たちは弁護士費用以上の慰謝料減額をお約束する絶対減額保証制度を用意しております。もし慰謝料を減額できないときは弁護士費用を頂戴できません。

困難な事案でも多数の慰謝料減額を実現してきたからこそ、自信をもって絶対減額を保証できます。絶対減額保証の自信と安心感がご依頼の決め手です。

3. 解決までの流れ

3.-(1) 弁護士の粘り強い交渉

ご依頼主様と男性は2度目の不倫ということで、奥様は300万の請求は譲らないという強気な姿勢でしたが、弁護士がご依頼主様の状況を丁寧にヒアリングし、主張できるポイントを絞り出し、粘り強い交渉を続けました。

3.-(2) 裁判にならず、交渉での解決

交渉での解決が困難な場合、裁判になってしまう場合があります。多くのお客様が早期かつ円満に交渉で解決することを望まれます。今回の件では、弁護士がうまく交渉をした結果、裁判にならず交渉で解決できました。

4. 解決結果:慰謝料300万を130万に減額成功、解決期間約7カ月

男性の奥様から慰謝料300万を請求されてしまいましたが、粘り強い交渉で130万まで減額することができました。男性と奥様は婚姻関係が続いていることから、300万は支払う必要はないとし主張しました。今回の不倫が二回目の発覚ということで、ご依頼主の深い反省を伝えると共に男性奥様と男性の婚姻関係が続いていることを理由に減額に努めました。その結果、裁判にならず130万で合意解決できました。ご依頼主様にご依頼いただいてから約7か月で合意解決できました。

不倫発覚後に再度不倫をした事案や、示談書を締結した事案等の困難な事案でもアイシア法律事務所は対応が可能です。法律相談と見積りは無料で対応いたします。また、弁護士直通の無料電話相談も承っております。

一見すると慰謝料の減額が難しく思える場合でも絶対減額保証があるので弁護士費用以上の減額をお約束いたします。まずはお気軽にお電話にておお問合せください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加