無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:不倫相手が離婚時にお金を支払ったことを理由に450万円の慰謝料減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:不倫相手が離婚時にお金を支払ったことを理由に450万円の慰謝料減額に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(20代/女性)は、職場の既婚男性と仕事と飲み会を通じて好意を抱くようになり不倫関係になりました。男性はその後に奥様と離婚し、ご依頼主様と再婚をしましたが、奥様から慰謝料500万円を請求され、アイシア法律事務所にご相談いただきました。

2. 不倫トラブルをアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 解決事例の多さ

私たちは、不倫をして慰謝料請求された事案を多くの方からご依頼いただいております。ご依頼主様は、500万円という金額は到底払えるものではないと不安になり、私たちのHPの解決事例のブログをご覧になって、お問合せいただきました。

2.-(2) 顔がわかる弁護士が対応

私たちのホームページには、顔付きで弁護士のプロフィールを掲載しております。ご依頼いただくお客様のなかには、弁護士のプロフィールを事前に確認してお問合せいただくこともあります。今回のご依頼主様も解決事例のブログと顔付きの弁護士のプロフィールをご覧になってご来所・ご依頼いただいたとのことでした。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3. 解決までの流れ

3.-(1) 本人から何度もヒアリングを行う

私たちは、ご依頼主様が円満かつ迅速に解決できるように何度もヒアリングを行います。

ご依頼主様は経済的余裕がなく、長期間の分割払いも現実的に困難な状況でした。その上で深く反省していることを、謝罪文にして書き、相手方に誠意を伝えました。

3.-(2) 弁護士が相手方弁護士と徹底的に交渉

今回のケースは、男性が既に元奥様に多額の慰謝料の支払いと財産分与を行っておりました。不倫相手が既に慰謝料を支払っていることは請求された慰謝料の減額事由となります。なぜなら、不倫慰謝料は不倫をした配偶者と不倫相手の共同不法行為であるとされているため、不貞行為の慰謝料は両者で合わせて支払えば足りるからです。そのため、ご依頼主様がさらに高額な慰謝料を支払うと、二重に慰謝料を取得することとなるので、弁護士が相手方と徹底的に交渉しました。

4. 解決結果:慰謝料450万の減額に成功、解決期間約2ヶ月

本件では、男性の元奥様から500万円と高額な慰謝料を請求された事案でした。確かに不倫をした上で元奥様と離婚が成立し、さらにご依頼主様と再婚をした経緯を考えると高額な慰謝料請求をされるのもやむを得ないとも思われます。

しかし、今回は、男性が元奥様に多額の慰謝料の支払いと財産分与を行っていることから、ご依頼主様があまりにも高額な慰謝料を支払うのは不当であると考えました。とはいえ、相手方の家庭を壊してしまったご依頼主様は、深く反省し、元奥様に50万円の慰謝料を支払いました。結果的に不倫慰謝料を450万円減額することができました。

もし、高額な慰謝料を請求された場合、弁護士にご依頼いただくと大幅に減額することができます。一見すると慰謝料減額が難しいと思われる事案でも、弁護士が丁寧に事情を検討して慰謝料を減額できる事由を主張いたします。法律相談、お見積り等は無料で承っております。正式にご依頼いただくまで費用は一切かかりません。まずはお気軽にお問合せくださいませ。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加