無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:示談交渉で460万円の慰謝料減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:示談交渉で460万円の慰謝料減額に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/女性)は、ご自身が働いている飲食店で男性が客として複数回来店するようになり、親密な関係になりました。男性は後に奥様と離婚しましたが、奥様から慰謝料550万円を請求され、アイシア法律事務所にご相談いただきました。

2. 慰謝料を請求されてアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 正式にご依頼いただくまで費用が発生しないこと

法律トラブルが発生した場合、どこの法律事務所に相談したらいいか迷われる方も多いと思います。他の法律事務所では、お電話での相談を受けていなかったり、初めての法律相談でも料金が発生してしまうところがあります。

私たちは、慰謝料を請求された事案について少しでもお客様のお力になりたいと思い、電話法律相談やご来所いただいての法律相談は無料で対応しております。正式にご依頼いただくまで一切費用がかかりません。ご依頼主様も初めての法律相談ということもあり、まずは無料で相談したいということでご相談いただきました。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

2.-(2) 土日・祝日の相談も可能

慰謝料の通知書が届いた場合、何もせず放置をしておくと裁判を起こされるケースがあります。そのため慰謝料を請求された場合は緊急に対応しなければなりません。私たちは、土日祝日・夜間にも法律相談を承っております。ご依頼主様は飲食店に勤めており、お仕事がお休みの日に相談したいとのことで、私たちにご相談いただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1) 男性が既に奥様に慰謝料を支払っていたこと

ご依頼主様は、男性と出会った当初から、夫婦仲が良くなく家庭内別居していると聞いていました。そして後に男性は奥様に慰謝料を支払って離婚しました。不貞行為による慰謝料請求権は、不貞行為者間で不真正連帯債務となります。つまり、一方が慰謝料を支払えば、他方がその支払い義務を免れる関係にあります。その旨を弁護士が相手方に強く交渉し、大幅な減額事由となりました。

3.-(2) 不倫期間が短かったこと

通常、不倫期間は長く続ければ続けるほど、慰謝料の増額事由にあたります。今回のケースは、ご依頼主様と男性との不倫は長期的なものではなく、不倫期間は短期間でありました。その旨を弁護士が相手方に強く交渉し、慰謝料を大幅に減額することができました。

4. 解決結果:慰謝料460万の減額に成功、解決期間約3カ月

本件では、男性の奥様から550万円と高額な慰謝料を請求された事案でした。不倫が原因で相手方が離婚した場合、慰謝料の金額は高くなります。しかし、今回のケースでは、男性が既に奥様に慰謝料を支払っていること。また不倫期間が短かったことなどご依頼主様に有利な事情がありました。

そこで、弁護士が大幅な慰謝料減額事由に当てはまると主張し、結果的に460万円の慰謝料を減額した90万円の支払いで解決することができました。ご依頼主様は経済的余裕がなかったので、弁護士がさらに交渉をして、90万円についても分割払いする形で解決することができました。

慰謝料を請求された場合は緊急に対応する必要があります。そして、弁護士にご依頼いただくことで請求金額より大幅に減額できる可能性があり、相手方との交渉は全て弁護士が行うので、精神的負担もかなり楽になります。

アイシア法律事務所は土日祝日・夜間にも対応しております。また、正式にご依頼いただくまでは一切の費用がかかりません。まずはお電話でお気軽にご相談ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加