無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:訴訟和解で750万円の慰謝料減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:訴訟和解で750万円の慰謝料減額に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/男性)は、飲食店で知り合った女性と意気投合し、お互い既婚者であることを知りながら不倫関係に発展しました。そのことが女性のご主人に知られてしまい、1000万円を訴訟で請求されてしまいました。

2. 慰謝料を請求されてアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 夜間にも対応していること

私たちは夜間の法律相談も対応しております。日中お仕事などで相談に来られない方でも、お仕事帰りの夜などの時間帯に法律相談にご来所いただくことが可能です。とくに慰謝料を請求された事案の場合は通知書において回答期限が設けられていることもあり、すぐに弁護士に相談できることはメリットです。

ご依頼主様もお仕事が多忙であったため、なかなか法律事務所に相談しに行くことができず、夜間にも対応している私たちにご相談いただきました。

2.-(2) 高額な慰謝料請求された事案の解決実績

ご依頼主様は1000万円という高額な慰謝料をなんとかして減額したいと思い、慰謝料を請求された事案に強い弁護士を探しておりました。私たちは、これまでこのような案件を数多くお取り扱ってきており、多数の減額実績もあります。弁護士がご依頼主様と解決の見通しなどを細かく説明し、ご依頼いただきました。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3. 解決までの流れ

3.-(1) 相手方の婚姻関係がすでに破綻していたことを主張

ご依頼主様は、女性と出会った当初からご主人との関係がうまくいっていないと何度も相談を受けていました。もし、不倫が原因で婚姻関係が破綻してしまったのなら、慰謝料が高額になってしまうのは可能性としてあります。しかし、単に不倫後に離婚しただけではなく、不倫が原因で離婚したという因果関係がない場合は慰謝料の増額事由にはなりません。本件では、不倫関係になる前から婚姻関係が破綻している状況であったため慰謝料の減額事由にあたると私たちは考え、主張しました。

3.-(2) 相手方の証拠書類の矛盾

相手方は、探偵の調査報告書やLINEのやりとりについて証拠を提示してきました。しかしながら、よく確認してみると、元々相手方が主張していた内容と時系列があっていませんでした。

慰謝料を請求する弁護士事務所の中には大量に案件処理をやっており、十分な検討をしていないものや交渉のみで強引に解決しようとする弁護士もいます。このような場合は当たり前のことですが、きちんと裁判所のルールに従って主張や証拠関係を検討できる弁護士が対応すれば恐れることはありません。

本件でも写真などの証拠写真も本来の主張と食い違っている内容があったので、弁護士が追及し、主張や証拠関係の矛盾があることを主張しました。

4. 解決結果:慰謝料750万の減額に成功、解決期間約

不倫が原因で離婚に至った場合、慰謝料の相場は100万~300万円が大体の目安になると言われています。今回はその相場の金額より大きくかけ離れた高額な慰謝料を請求されたケースでした。

本件では、弁護士は、不倫関係になる前から婚姻関係が破綻していたこと、主張書面の矛盾などを指摘し、慰謝料を減額することを主張しました。判決で解決すれば大幅な慰謝料減額も予想されると弁護士は考えていました。

しかし、相手方の家庭環境を壊してしまったことに、ご依頼主様は深く反省し、250万円の支払いで和解に応じました。結果として、請求された慰謝料を750万円を減額することができました。

今回のケースのように、突然裁判を起こされてしまった場合には、弁護士にご依頼することをおすすめします。裁判に関する書類の作成や期日の出頭など、すべて弁護士が行うので精神的負担を和らげることができます。

慰謝料を請求された場合の訴訟対応も私たちは得意とするところです。交渉で簡単に解決できる事案のみではなく、裁判で徹底的に戦うことも辞しません。法律相談や見積りは無料で対応しており、私たちは正式にご依頼いただくまで一切費用が掛かりません。まずはお気軽にお問合せください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加