無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:2度目の不倫で慰謝料300万を130万に減額して合意解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:2度目の不倫で慰謝料300万を130万に減額して合意解決

1. 事案の概要

ご依頼主様(50代/女性)は、職場の既婚男性と連絡先を交換し二人で会うようになるうちに不倫関係になりました。約2年間不倫関係は続きましたが、既婚男性の奥様がメールを見てしまったことから不倫がばれてしまいました。

ご依頼主様は一度は不倫関係を清算しましたが、不倫関係清算後に男性から連絡がありご依頼主様はまた不倫関係を始めてしまいました。そのため、ご依頼主様は男性の奥様から不倫慰謝料300万円を請求されてしまいまいた。

2. 慰謝料を請求された事案をアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) 豊富な解決事例

私たちは、不倫慰謝料を請求された事案について多数の解決実績を有しております。法律相談・電話相談は月間500件以上あり、不倫慰謝料の事案について毎月2~30件程度解決しています。いくつかの解決事例についてはホームページで公開しています。ご依頼主様は解決事例をご覧になりアイシア法律事務所に相談してくださいました。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3. 解決までの流れ

3.-(1) 弁護士の粘り強い交渉

ご依頼主様と既婚男性は、一度不倫がバレた後に2度目の不倫をしたということで、奥様は300万の請求は譲らないという強気な姿勢でした。しかし、弁護士がご依頼主様の状況を丁寧にヒアリングし、主張できるポイントをピックアップして何度も交渉を続けました。

3.-(2) 裁判にならず、交渉での解決

交渉での解決が困難な場合、裁判になってしまう場合があります。多くのお客様が早期かつ円満に交渉で解決することを望まれます。今回の件では、弁護士がうまく交渉をした結果、裁判にならず交渉で解決できました。

4. 解決結果:慰謝料300万円を130万円に減額成功、解決期間約7カ月

男性の奥様から不倫慰謝料300万円を請求されてしまいましたが、交渉を重ねることで130万円まで慰謝料を減額して解決することができました。とくにポイントになったのは、男性と奥様は婚姻関係が続いている点であり、このことを強く指摘し300万円もの慰謝料は認められる事案ではないことを主張しました。

一度不倫がバレた後に不倫を再開していることは不利な事情でしたが、ご依頼主様の深い反省を伝えるとともに男性奥様と男性の婚姻関係が続いていることを理由に減額に努めました。その結果、裁判にならず交渉で130万円の解決金を支払うことで合意解決できました。ご依頼主様にご依頼いただいてから約7か月で合意解決できました。

複数回目の不倫慰謝料請求でお悩みの場合は是非ご相談ください。不倫をされた側からは不倫がバレたにもかかわらず不倫関係を継続したことを非難されるかもしれませんが、不倫慰謝料はそれだけで決まるものではありません。

不倫慰謝料の減額について経験のある弁護士が相談に乗ります。電話相談やご来所の法律相談は無料でお受けしております。正式にご依頼いただくまでは一切、お金はいただきません。まずはお気軽に、お電話でご相談ください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加