無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:50代の不倫事案 約250万円の慰謝料減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 事案の概要

ご依頼主様(50代/女性)は、10年前に知り合った男性と、数年後に不貞関係となりました。このことが男性の配偶者に知られてしまい、ご依頼主様は男性の配偶者から約400万円近くの不倫慰謝料を請求されてしまったとのことで、今回ご相談いただきました。

2. 慰謝料問題を私たちに依頼した理由

2.-(1)  ホームページが充実

今回、ご依頼主様は私たちの慰謝料請求された場合に特化したホームページをご覧になって、電話をかけてくださいました。当事務所では、ホームページにて弁護士の顔付きのプロフィールや多数の解決事例を掲載しております。今回のような慰謝料を請求された案件は、当事務所では過去に多数解決しており、特に力を入れている事案でもあります。ご依頼主様は、数ある法律事務所のホームページの中でも、解決事例の豊富な当事務所を選んでくださいました。

2.-(2)  無料法律相談の実施

私たちは、慰謝料を請求された事案について少しでもお客様のお力になりたいと思い、電話法律相談やご来所いただいての法律相談は無料で対応しております。弁護士が十分な時間を取ってアドバイスしますが、正式にご依頼いただくまで一切費用がかかりません。

ご依頼主様も、まずはじめにお電話を頂き、後日ご来所され無料の法律相談を行いました。弁護士が現在の状況の詳しいヒアリングを行い、今後について助言を行い、そこから正式にご依頼いただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1)      婚姻関係が不貞以前から破綻していたことを主張

不貞に基づく慰謝料は、不貞行為を理由として被った精神的苦痛を補填するものです。今回の場合、不倫相手の男性の婚姻関係が既に破綻している状態であった証拠が、いくつも残っていました。そのため、不貞行為がなされる以前から婚姻関係が悪化していたことを強く主張しました。

3.-(2)      損害項目の検討(請求された探偵費用の減額)

本件は、男性の配偶者が、男性とご依頼主様に対して、探偵を利用して先に調査を行っており、その際にかかった探偵費用も請求されていました。

しかし、男性と男性の配偶者は常に連絡が取れる状況であり、男性が離婚の話し合いをすべく書面などで連絡していました。しかし、、男性の配偶者は一度たりとも連絡を返さずに探偵に依頼をしていました。

不倫慰謝料を請求されたときに弁護士費用や探偵費用も合わせて請求されることがあります。しかし、探偵費用は必要性・相当性がない限り認められません。そこで、私たちは男性の配偶者が探偵に依頼すべき状況であったかという点を丁寧に検討し、損害項目として探偵の費用は含まれない点を主張しました。

4. 解決結果: 慰謝料約250万円の減額に成功 解決期間 約7ヶ月

今回は、男性の配偶者から約400万円の慰謝料を請求された事案でした。不貞行為が原因で婚姻関係が破綻した場合、慰謝料の金額は高くなります。

しかし、今回のケースでは不貞行為以前に婚姻関係が悪化していたことを示す証拠があり、不貞行為が婚姻関係破綻の原因ではないことを主張しました。

本件は約400万円もの慰謝料を請求された事案でしたが、最終的に、約250万の慰謝料減額に成功し、150万円の支払いで解決することが出来ました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
約4000万円 150万円 約250万円

慰謝料を請求された場合は、早急に対応する必要があります。請求を放置すると訴訟を提起されますが、そうなると過大な費用が生じることがあります。すぐに弁護士に相談し、請求された慰謝料金額が妥当であるのかどうかなどの法的アドバイスを受けることをお勧めします。

私たちは、不倫慰謝料の減額案件に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちの解決実績については『慰謝料減額の解決実績一覧』のページからご覧いただけます。

私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加