無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:自分自身の慰謝料減額交渉が上手く行かず…弁護士に依頼したところ約1か月でスピード解決+450万円減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:自分自身の慰謝料減額交渉が上手く行かず…弁護士に依頼したところ約1か月でスピード解決+450万円減額に成功

1. 事件の概要

ご依頼主様は(50代/男性)は、出会い系サイトを通じ出会った女性と意気投合し、女性が既婚者であり、夫も子どももいると知りながら、不倫関係へと発展しました。

しかし、不倫関係が女性のご主人に知られてしまいました。子どもがいるのに不倫をされたご主人は非常に怒りが強く、ご依頼主様は600万円もの慰謝料を請求されてしまいました。

その後、ご依頼主様は、ご自身で慰謝料減額の交渉をされたものの、ご自身が思ったように交渉が進まなかったため、今回ご相談をいただきました。

2. 不倫慰謝料が請求された事案を私たちに依頼した理由

私たちは、不倫慰謝料を請求された事案に力を入れており、これまで多くの事件を解決した実績がございます。

ご依頼主様は、ご自身での減額交渉に行き詰まりを感じておられました。

しかし、自分自身で慰謝料の減額交渉を行った場合でも、弁護士が減額交渉をすればスムーズに解決できることも少なくありません。

ご依頼主様は、不倫慰謝料の減額交渉を依頼できる法律事務所をインターネットで検索し、私たちのホームページに掲載されていた解決事例がご依頼主様の置かれている状況にも近かったとのことで、ご来所していただきました。

私たちのホームページに記載された、数多くの解決事例が決め手となったようです。

3. 解決までの流れ

3.-(1)  反省の意図を伝えて早期解決を狙う

ご依頼主様は、ご自身の不貞行為について深く反省しておられました。

そのため不倫慰謝料の支払いを拒否するのではなく、反省の意図を伝えて交渉による解決をご希望されました。

もし慰謝料の減額交渉が決裂した場合は裁判で争うこととなります。ご依頼主様は、裁判となった場合に解決までの期間が長引くことを懸念しておられました。

この点を考慮し、弁護士がご依頼主様の反省の意を伝え、示談交渉を続けた結果、ご依頼からわずか1か月という短期間での解決に成功しました。私たちは、当事者間のみでの交渉より、はるかに早い解決をお助けいたします。

3.-(2)  本人交渉と違い、裁判例の分析に基づく根拠を提示して減額交渉

今回、ご依頼主様は600万円の慰謝料請求を受け、ご依頼主様自身による相手方との交渉は思うように進んでいませんでした。

自分自身で慰謝料の減額交渉を行っても、法的知識や裁判例の裏付けがない限り単なるお願いにすぎません。

しかし、弁護士が過去の類似事例と比較を行い、適正妥当な金額を提示することで、相手方は慰謝料の減額にすんなり応じました。

本件と類似事例において、実際に裁判で認められた金額等を提示し、相手方との交渉を円滑に進め、慰謝料150万円を支払う形で示談が成立する結果となりました。

また、ご依頼主様は解決金について、すぐにまとまった金額が準備できないことを懸念されていました。

高額な慰謝料を請求された場合は支払うつもりがあっても、お金が用意できないこともあります。このような場合、弁護士が解決金の支払い方法について、相手方と交渉を行い、分割や支払期間延長などの無理のないお支払方法のご提案もサポートいたします。

4. 解決結果:短期間での示談成立に成功 解決期間:約1か月

本件は不貞行為により慰謝料を請求された事案でした。ご依頼主様は深く反省されており、早期解決をお望みでした。とくに自分自身で減額交渉を行っても解決の道筋が見えずに不安な気持ちを募らせておられました。

そこで、弁護士はスピーディに慰謝料の減額交渉を行いました。

本件では裁判例の分析に基づいて根拠を示した上で減額交渉を行ったことが早期解決に結びついた事案です。

不倫による慰謝料の金額は、不貞行為の期間や離婚に至ったかという点などが考慮されます。本件では、過去の事例と照らし合わせ、実際の裁判例と比較しながら適正な金額を提示し交渉することで、慰謝料減額に成功しました。

最終的には慰謝料150万円を支払うことで和解が成立し、当初請求された金額である600万円から450万円を減額することができました。

慰謝料を請求された場合、弁護士にご相談することをおすすめします。数多くのご依頼を解決してきた弁護士が、適正な慰謝料金額や解決までの見込みについて、無料で法律相談に応じています。私たちは正式にご依頼いただくまで一切の費用をいただいておりません。まずはお電話にてお問い合わせ下さい。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加