無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:夫婦円満なのに婚姻関係が破綻していると誤解して不貞関係に…反省し、直接謝罪することにより150万円減額+スピード解決に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:夫婦円満なのに婚姻関係が破綻していると誤解して不貞関係に…反省し、直接謝罪することにより150万円減額+スピード解決に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(20代/女性)は、既婚である職場の上司と飲みにいくうちに、不貞関係へと発展しました。このことが男性の配偶者に知られてしまい、ご依頼主様は200万円の慰謝料を請求されたため、今回ご相談いただきました。

2. 慰謝料を請求された事案を私たちに依頼した理由

2.-(1)      正式にご依頼いただくまで一切の費用をいただかずに対応

一般的な法律事務所では、お電話での相談を受け付けていなかったり、初めての法律相談でも料金が発生してしまうところがあります。

しかし、私たちは、不倫で慰謝料を請求された事案について少しでもお客様のお力になりたいという想いから、無料で電話相談やご来所されての法律相談を行っております。

初回の電話相談の際に、費用は掛かるかどうかを気にされる方は少なくありません。しかし、私たちは正式にご依頼いただくまでは、一切の費用をいただいていません。電話での相談、来所での法律相談、弁護士費用の見積りなどは0円!完全無料です。

ご依頼主様も初めての法律相談ということもあり、まずは無料で相談したいということでご相談いただきました。

2.-(2)      過去に慰謝料減額案件を数多く対応

私たちはこれまで、数多くの慰謝料減額案件を対応してきました。不貞による慰謝料請求された場合の対応は、当事務所でも特に力を入れている案件であり、ホームページにも慰謝料減額案件の解決事例を多数掲載しております。

ご依頼主様にも、過去の実績を評価していただき正式にご依頼をいただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1) 本人が深く反省し、直接謝罪の場を設けた点

今回の場合、ご依頼主様は、不倫相手の男性の言動から既に男性の婚姻関係は破綻していると認識していました。

しかし、現実には不倫相手の男性は不貞行為後に自身のお子さんが生まれたことや、男性がご家族と旅行に出かけるなどしており婚姻関係は破たんしていませんでした。

もっとも、ご依頼主様は男性からは婚姻生活の実態について告げられておらず、ご依頼主様がそのことを知りませんでした。

このことから、ご依頼主様は深く反省しており、直接男性の奥様とお会いして謝罪したいとの旨を伝え、実際に直接謝罪をした後に合意書に捺印する流れとなりました。

3.-(2)      男性と男性の配偶者の婚姻期間が短かったことを主張

今回の場合、男性と男性の奥様の婚姻期間は2年程度と短期間でありました。不倫で慰謝料を請求されたとき適切な慰謝料金額の算定時には、相手方ご夫婦の婚姻期間が大きく考慮されます。

過去の裁判例においても、婚姻期間が5年以内の場合は比較的慰謝料算定額が低くなる傾向にあり、その点を私たちは主張しました。

4. 解決結果:示談により、150万円の減額に2か月という短い期間で解決

今回は男性の配偶者から200万円の不倫慰謝料を請求された事案でした。

長年にわたって婚姻関係を継続されている場合は、支払う慰謝料金額が高くなる傾向にあります。

しかし、今回のケースでは婚姻期間が比較的短かったことが慰謝料減額事由に当てはまると主張したことや、反省の意を伝えるべく直接謝罪をする機会を設けたことにより、大幅な慰謝料の減額に成功しました。

また、本件はご依頼主様は不倫相手の男性から半ば騙すような形で婚姻関係の破たんを誤解させられていた事案でした。この点も踏まえて2か月という短い期間で解決することができました。

本件は200万円もの慰謝料を請求された事案でしたが、最終的に、150万の慰謝料減額に成功し、50万円の支払いで解決することが出来ました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
200万円 50万円 150万円

慰謝料を請求された場合は、早急に対応する必要があります。請求された金額が妥当であるのかどうかなどの法的アドバイスは、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

私たちは、慰謝料を請求された事案に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加