無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:飲食店で知り合った女性と不倫関係になり慰謝料請求されてしまった案件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:飲食店で知り合った女性と不倫関係になり慰謝料請求されてしまった案件

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/男性)は、飲食店で知り合った既婚女性と食事に行くようになり後に不貞関係となりました。

このことが、女性の旦那様に知られてしまいご依頼主様は慰謝料として300万円を請求されてしまいました。

2. 慰謝料問題を私たちに依頼した理由

2.-(1)  慰謝料減額案件について豊富な解決事例

不倫による慰謝料の減額案件は私たちが特に力を入れている取扱分野です。

請求された不倫慰謝料の解決実績については、解決事例としてホームページにて掲載をしております。ご依頼主様も、ホームページに掲載されていたいくつかの解決事例をご覧になり、お電話いただきました。

2.-(2)      弁護士による無料の電話相談の対応に高評価

私たちでは、正式にご依頼いただくまでは費用を一切頂戴しておりません。来所いただいての法律相談・見積りに加えて、不倫で慰謝料を請求された事案については電話による相談も無料で対応しております。とくに弁護士による無料の電話相談は夜遅くでもすぐに相談ができたと好評いただいております。

無料の電話相談では弁護士が状況をヒアリングし、後に実際にご来所していただきより詳細なお話を聞く場合もあれば、電話のみのご相談で終わる場合もございます。

無料の電話相談ではありますが、通常の法律相談と同じ高品質な対応を行っております。本件においても、電話相談の応対が非常に良かったと感じていただき、その後に正式にご依頼いただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1)      不倫相手の協力による婚姻関係破綻の反論

この事案では、不倫相手の女性が協力してくれたため大幅に慰謝料を減額して解決をすることができました。不倫相手の協力により夫婦関係の破綻についての情報を多く、また具体的に提供してくださったことが大きな鍵となりました。

本件では、不倫当時から、不倫相手の女性は自身の婚姻関係が円満では無いことをご依頼主様に伝えていたため、ご依頼主様は婚姻関係が破綻していると信じていました。

夫婦関係が破たんしていたこと、仮に破たんしていたと言えないとしてもご依頼主様は夫婦関係が破たんしたと信じていたことを慰謝料の減額事由として主張しました。

3.-(2) 弁護士による説得的な主張の組立て

本件では、不倫相手の女性による協力が得られたため、慰謝料の減額事由として主張するべき事実関係や証拠関係が十分な事案でした。もっとも、大幅に慰謝料を減額するためには有利な事実があるだけでなく、材料を上手く使って法的主張にする必要があります。

本件においては、相手方が主張してきた慰謝料金額の算定根拠に対応する形で、弁護士が法的観点から反論を行いました。弁護士が説得的に主張を行ったことによって、大幅な慰謝料減額を納得させることができました。

4. 解決結果:離婚したケースでの慰謝料請求230万減額成功    解決期間 約3か月

今回は、女性の配偶者から300万円の慰謝料を請求された事案でした。

不倫が原因で相手方が離婚した場合、慰謝料の金額は高くなります。しかし、今回のケースでは不倫女性の協力があり相手方の婚姻関係が不貞行為より前に破綻していたことやその証拠があったことで慰謝料減額に至りました。

本件は300万円もの慰謝料を請求された事案でしたが、最終的に、230万の慰謝料減額に成功し、70万円の支払いで解決することが出来ました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
300万円 70万円 230万円

慰謝料を請求された場合は、早急に対応する必要があります。請求された金額が妥当であるのかどうかなどの法的アドバイスは、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

私たちは、慰謝料減額案件に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加