無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:既婚女性と社内不倫関係に…丁寧な和解交渉によって慰謝料220万円の減額+スピード解決に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:既婚女性と社内不倫関係に…丁寧な和解交渉によって慰謝料220万円の減額+スピード解決に成功

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/男性)は、同じ職場で働いていた既婚女性と社内不倫関係となりました。

このことが既婚女性のご主人様に知られてしまい、ご依頼主様は女性のご主人様から300万円の慰謝料を請求されたため、慰謝料の減額ができないかご相談いただきました。

2. 慰謝料問題を私たちに依頼した理由

2.-(1)      丁寧な電話応対に高評価

私たちは、正式にご依頼いただくまでに一切の費用を頂戴しておらず、無料で電話相談や来所相談を承っております。

また、無料の電話相談においても、丁寧なヒアリングを行っているため、電話相談においても高く評価をいただいております。ご依頼主様においても、電話相談での対応を高く評価していただき、正式にご依頼いただきました。

2.-(2)      慰謝料を請求された事案の確かなノウハウ

私たちは、慰謝料を請求された事案に力を入れており、これまで多くの事件を解決してきました。各弁護士が常に数十件もの慰謝料減額案件を担当しており、弁護士1人1人が慰謝料を請求された事案について豊富な経験を有しています。

また、慰謝料を請求された事案について、事務所全体としても勉強会を行って弁護士間で知見を共有しています。このように慰謝料を請求された事案について確かなノウハウを評価いただき選ばれている法律事務所です。

3. 解決までの流れ

3.-(1)      不貞関係の期間が短く、回数も少ないこと

不貞行為による慰謝料金額算定の際、その期間の短さや回数の少なさは慰謝料減額事由になるといった裁判例が過去に数多く存在します。

本件は、不貞期間が約1か月という比較的短い期間であったこと、また回数もわずかであったことから、このことは慰謝料減額事由になると私たちは主張しました。

過去の裁判例を検討しながら、慰謝料減額事由に当てはまる事柄を的確に示し、相手方に主張をすることで、交渉をスムーズに行えるよう進めました。

3.-(2)      男性と男性の配偶者の婚姻関係が継続されていることを主張

本件では、社内不倫の相手方である既婚女性の夫婦関係が継続する事案でした。

不倫相手の女性とそのご主人様の間にはお子様がいらっしゃり、双方ともに婚姻関係の継続を望んでいました。

過去の裁判例において、不貞行為が原因で離婚に至ったか否かという点は、慰謝料算定の際に大きく考慮されています。本件でも、婚姻関係が継続している以上は慰謝料が大きく減額されるべき事案であるとして、私たちは主張しました。

(参考)不倫慰謝料の相場はどれぐらいですか?

4. 解決結果: 慰謝料220万円の減額+解決期間2か月のスピード円満解決

本件は、既婚女性のご主人様から300万円の慰謝料を請求された事案でした。

不倫が原因で相手方が離婚した場合は慰謝料の金額は高くなります。

しかし、今回のケースでは現在も相手方の婚姻関係が続いていること、また不貞期間が短く回数も少なかったことが、慰謝料減額事由に当てはまると主張しました。

また、過去の裁判例を検討し、本件に類似した裁判例の結論を的確に示しながら和解交渉を進めたことにより、約2か月という短い期間で解決できたことも本件の特徴です。

ご本人様が直接交渉を進めるのではなく、弁護士が間に入りきちんとした知識のもとで交渉をすることにより、スピード解決や大幅な慰謝料減額に繋がる可能性が高くなります。

本件は300万円もの慰謝料を請求された事案でしたが、最終的に、220万の慰謝料減額に成功し、80万円の支払いで解決することが出来ました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
300万円 80万円 220万円

慰謝料を請求された場合は、早急に対応する必要があります。請求された金額が妥当であるのかどうかなどの法的アドバイスは、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

私たちは、慰謝料減額案件に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加