無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:パート女性と再度の不倫:380万円の大幅減額を約1か月で実現

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:パート女性と再度の不倫:380万円の大幅減額を約1か月で実現

1. 事案の概要

ご依頼主様(40代/男性)は、パートとして入社してきた既婚女性と肉体関係を伴う社内不倫に発展しました。

ほどなくして、不倫関係を女性の旦那様が知り、ご依頼主様は女性と今後会わないと旦那様に約束、女性は職場を退職しました。

しかし、数か月後に食事会で再会したことをきっかけに、交際が再開されました。

交際を続けていたところ、旦那様の弁護士から500万円の不倫慰謝料請求を受け、当事務所にご相談頂きました。

2.  慰謝料を請求されてアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1)      アクセスしやすい立地

私たちは、銀座に事務所を構えております。

事務所へは、日比谷線・浅草線「東銀座駅」、有楽町線「銀座一丁目駅」からいずれも徒歩3分程度でご来所頂けます。

仕事帰りでも法律相談にお越しいただきやすい立地となっております。とくに銀座という立地柄か丸の内や大手町の大手企業に勤務するお客様も非常に多いです。

今回のご依頼主様も、アクセスのし易さがご来所のきっかけのひとつとなりました。

2.-(2)      充実したホームページ

不倫の慰謝料を請求された事案は、当事務所が特に力を入れている分野です。

ホームページには、私たちが今までに解決してきた事例や解決までの流れを詳しく掲載しております。

また不倫で慰謝料を請求されたときのポイントや不倫コラムについても豊富な記事を掲載しています。

これらの記事は、慰謝料を請求された事案の取扱い経験に基づき、実務的な観点から独自のノウハウを交えて執筆しています。

私たちが掲載した記事を読み込まれて法律相談にお越しになる方も少なくありません。慰謝料を請求された事案に関する自信の表れと考えていただければと思います。

初めてご相談頂く際には、どれくらいの解決実績があるのか、どれくらい減額できるのかなど、不安な点が多々あるかと思います。

是非一度、ホームページをご覧ください。ご相談者様の不安を解消するきっかけになればと思います。

(参考:よく読まれている記事)

慰謝料減額交渉 5つの理由【弁護士執筆】

慰謝料減額は自分でできる?弁護士に依頼する5つのメリット

3.  解決までの流れ

3.-(1)      婚姻関係が継続していることを主張

不倫慰謝料とは、相手方の精神的苦痛に対する損害賠償であり、相手方の精神的苦痛が大きいほど慰謝料も高額となります。

しかし、精神的な苦痛は目に見えないものです。そこで、不倫が原因で離婚に至ったかどうかや、不倫期間はどれくらいか等を材料として、精神的苦痛の大きさを計ります。

今回の事案は、不倫関係発覚後も、女性と旦那様は婚姻関係が継続していました。

このことから、精神的苦痛が大きいとは客観的に判断できないということを主張しました。

(参考)不倫慰謝料金額の相場と減額見込み

3.-(2)      女性から積極的な接触があったことを主張

ご依頼主様は、女性の旦那様に女性との交際関係が発覚した際に、関係の解消を誓約しました。しかし、本件は交際関係が発覚した後にも交際関係が継続した事案です。

一度交際関係が発覚したにも関わらず再度交際に及んだことで高額な慰謝料が請求されましたが、これには理由がありました。

ご依頼主様としては交際関係を解消しようと努力していましたが、女性からの連絡や、退職後も職場に出向いてくるなど、積極的な接触がありました。

よって、交際が再びはじまったことについて、女性にも責任があると主張しました。

3.-(3)      深く反省していることを主張

ご依頼主様は、女性の旦那様に交際関係の解消を誓約しておりました。

にも関わらず、不貞行為を行ってしまったことに対して、深く反省しておられました。

私たちは、ご依頼主様は深く反省し、謝罪の意思を持っていること、今後二度と女性と不貞関係にならないと固く決意しており、改めて交際関係解消を約束するということを伝えました。

4.  解決結果:慰謝料380万円の減額に成功 解決期間:約1か月

今回の事案では、相手方である旦那様より500万円の慰謝料が請求されました。

私たちは、ご依頼主様が今後二度と不貞関係にならないと固く決意し、深く反省しているということ、離婚に至っていないこと、女性にも責任があることを考慮すると100万円から150万円前後の慰謝料が相当であると主張しました。

本件は、誓約書を交わした後にも不倫関係を再開していた事案でしたが、交渉によって大幅な減額に成功しました。

結果、解決金として、120万円を支払うという形で解決しました。

請求された金額 解決金の額 慰謝料減額の金額
当初500万 120万円 380万円

私たちは、不倫慰謝料の減額案件に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加