無料相談はアイシア法律事務所

不倫慰謝料金額の相場と減額見込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫慰謝料金額の相場と減額見込み

不倫慰謝料をいきなり請求された場合、まず気になるのは不倫慰謝料の相場だと思います。

実は不倫慰謝料の金額について明確な基準はありません。

不倫慰謝料の金額は、不倫期間や離婚の有無によって自動的に決まるものではありません。最終的には、個別具体的な事情に基づいて裁判所が不倫慰謝料の金額を決定します。

この記事では、不倫慰謝料に関する500件超の裁判例を検討した結果や、アイシア法律事務所解決実績から、独自に分析した不倫慰謝料の相場と弁護士に依頼した場合の減額見込みを解説します。

そもそも不倫慰謝料の金額とは?

あなたが請求された不倫慰謝料は、そもそもどのようなものでしょうか。慰謝料とは何かを答えることができますか?

答えは・・・・

「不倫慰謝料=相手方の精神的苦痛に対する損害賠償」です。

もっとも、相手方がどのぐらい精神的苦痛を受けたかを裁判官は知ることができません。そのため、客観的な事情からこのぐらい精神的苦痛を受けただろうと推測して、不倫慰謝料の金額が定められることになります。

具体的には、不倫が原因で離婚に至ったか、不倫期間はどれぐらいかが不倫慰謝料を算定するために重要な要素となります。

不倫が原因で離婚に至った場合

不倫が原因で離婚に至った場合は不倫慰謝料の相場も高額になると言われています。なぜなら、不倫が原因で夫婦関係が決定的に破たん(=離婚)に至ったのであれば、相手方が受けた精神的苦痛も大きいと判断されるからです。

具体的には、不倫期間が長期間に及ぶ場合で不倫が原因で離婚に至った場合、200~300万円程度の慰謝料が認められると言われています。

例えば、東京地裁平成23年5月19日判決は、約5年間の不倫によって離婚に至った事案について、300万円の慰謝料を認めました。

離婚に至ってない場合又は不倫期間が短い場合

他方で、離婚に至ってない場合は不倫はあったものの夫婦関係に決定的な悪影響を及ぼしたわけではありません。そのため、離婚しなかった場合の不倫慰謝料は100万円前後が相場と言われたりします。

しかし、アイシア法律事務所の独自分析では、不倫が原因で離婚に至った場合でも不倫慰謝料を大幅に減額できることがあります。

それは、離婚に至ったもの「不倫期間が短い場合」です。不倫期間が短いにも関わらず離婚に至った場合は元々夫婦関係が悪化していたことが疑われます。そのため、離婚に至った事案でも、不倫期間が3か月~半年程度と短い場合は大幅に不倫慰謝料を減額できることがあります。

相手方とあなたの弁護士の有無

また、相手方から弁護士を通じて不倫慰謝料を請求されたかも不倫慰謝料の金額に影響します。一般的に弁護士を立てて慰謝料請求をしている場合、弁護士費用を支払っていることや、弁護士にもメンツがあることから大幅な慰謝料減額に応じてくれない傾向があります。

さらに、あなたが慰謝料減額を弁護士に依頼しない場合も大幅な慰謝料減額を期待することは困難です。相手方の勢いに押されて不利な示談書を作成したり、裁判を回避するために高額な不倫慰謝料を支払わざるを得ないことが多いからです。

アイシア法律事務所の不倫慰謝料減額実績

以上が一般的に不倫慰謝料の相場と言われております。

しかし、アイシア法律事務所では、不倫慰謝料の相場を大幅に下回る慰謝料減額の実績があります。

そのため、請求された不倫慰謝料の減額対応をアイシア法律事務所が行う場合は、以下の金額を目指して交渉を行います。

・長期間の不倫で離婚に至った事案        100万円~150万円

・不倫期間が短期間又は離婚に至らない事案    50万円~100万円

・不倫期間が短期間で、かつ離婚に至らない事案  50万円前後

これは、事実関係の調査・裁判例の分析を行うという十分な準備をすることや、裁判も辞さずに徹底的に慰謝料減額を行うことをポリシーとしているためです。

アイシア法律事務所は、不倫慰謝料の減額を得意としており、不倫慰謝料の相場を下回る解決実績が数多くあります。具体的にあなたの事案において、どの程度、不倫慰謝料を減額できるかの見込みについては個別にお問合せください。

高額な不倫慰謝料を請求された場合は、アイシア法律事務所にご相談ください。法律相談と見積りは無料です。弁護士による無料の電話法律相談も承っております。まずは悩まず気軽にお問合せください。

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可

・0円!完全無料法律相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加