無料相談はアイシア法律事務所

不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求された場合に気をつけるポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手(愛人)からの慰謝料・手切れ金を請求された場合に気をつけるポイント

(更新日)2019年8月19日

不倫相手(愛人)と別れるときに揉めてしまい、不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求される場合があります。愛人と別れるときの話し合いがこじれると、手切れ金500万円から手切れ金1000万円程度もの請求がなされることもあります。

不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求された場合に気を付けるポイントを記載します。

【本記事の執筆者】弁護士 小林嵩
東京都品川区生まれ

中央大学法学部卒業

青山学院大学法科大学院修了

司法試験合格

都内法律事務所勤務を経て、

アイシア法律事務所に入所

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

ポイント①:誠実に対応する

不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求される事案では、愛人と別れるときや慰謝料・手切れ金を請求されたときに誠実に対応しなかったことが原因で問題が大きくなる場合が多いようです。

とくに、妊娠・中絶をした時や別れ話をした時の対応が不誠実だとして揉める場合が多いです。

不倫相手(愛人)が慰謝料・手切れ金を請求する権利はないとたかをくくって、不誠実な対応をすることは絶対に避けた方が良いでしょう。既婚者であることを隠して交際していた場合のみならず、不倫と知って交際していた場合でも、裁判例上、不倫相手(愛人)からの慰謝料請求が認められることがあります。

不倫相手(愛人)から慰謝料、手切れ金の請求があった場合は誠実に対応することが重要です。

ポイント②:当事者同士で感情的に話し合わない

不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求された場合、当事者同士で話し合うと感情的な話し合いになりがちです。

不倫相手(愛人)としても500万円から1000万円もの手切れ金が認められるとは考えていないことも少なくありません。手切れ金として500万円から1000万円もの請求がされることが少なくないのは、不倫相手(愛人)が別れ話で感情的に怒ってしまったためです。

慰謝料・手切れ金の金額の金銭問題だけでなく、別れるかどうか、これまでの交際の経緯も絡んで話し合いが堂々めぐりになることが少なくありません。

また、愛人と別れるときに話し合いがエスカレートして暴力沙汰に発展することもあります。

不倫相手(愛人)から暴力を振るわれたり、または別れるぐらいなら死ぬ等と言われることもあります。さらに、感情的に話し合っているうちに、不倫相手(愛人)にうっかり暴力を振るって警察沙汰になることもあります。

当事者同士で話し合うときは感情的にならないように十分気を付けてください。

なお、不倫相手(愛人)が刃物を振り回す、死ぬ等とかなり感情的になっている事案でも、弁護士が間に入ると、不倫相手(愛人)と冷静に話し合うことができる場合が多いです。当事者同士の別れ話に第三者である弁護士が参加することで円満に解決できます。

愛人と別れるときに揉めた事案で弁護士にご依頼される時にこの点を心配される方もいらっしゃいますがご安心ください。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

ポイント③:慰謝料、手切れ金を支払う旨の書面に署名・押印しない

不倫相手(愛人)と別れるときに、感情的になった不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を支払う旨の書面への署名・押印を強制されることがあります。

一般的には、高額な手切れ金を書面で約束しても内容を覆すことはできます。しかし、何も書面がない場合に比べて500万円から1000万円程度の高額な手切れ金を払う旨を書面で約束すると相応の譲歩が必要になるます。

愛人と別れるときに手切れ金を書面で約束するのは一時しのぎの対応にすぎません。もし、不倫相手(愛人)から求められたとしても、手切れ金を払う旨を書面に署名・押印することは回避してください。

なお、裁判例等では、慰謝料・手切れ金を支払う旨の書面を作成した場合でも、書面通りに慰謝料を支払わなくても良いと判断される場合も少なくありません。

手切れ金を書面で約束しても、金額が相場に比べて著しく高額であるかや書面に記載された内容に合理性があるか等を考慮して効力が否定される場合もあるのです。

アイシア法律事務所でも、3000万円の慰謝料を支払う旨の書面があった事案で、最終的に250万円の解決金支払いで解決できたこともあります。万が一、自己に不利な書面を作成した場合は速やかに弁護士にご相談されるべきです。

ポイント④:夫婦関係や職場への影響

不倫相手(愛人)と慰謝料・手切れ金を請求されて揉めた場合、あなたの夫婦関係や職場に悪影響が生じる場合があります。不倫相手(愛人)が、不倫の事実をあなたの配偶者や職場に告げると言うことがあります。

不倫相手(愛人)にとって、不倫の事実をあなたの配偶者にばらしても良いことはないばかりか、不倫相手(愛人)も慰謝料を請求されるリスクがあります。

しかし、別れるときに感情的に怒りが収まらない不倫相手(愛人)は、自ら不倫をあなたの配偶者にばらすという不合理な行動をすることは少なくありません。

(参考)不倫がばれる理由

もし、あなたの配偶者が不倫の事実を知らないときは、夫婦関係や職場に悪影響が及ばないように不倫相手(愛人)との問題を早期・穏便に解決することがポイントとなります。

不倫相手(愛人)が不倫をばらすのは別れるときに感情的に怒りがおさまらないためです。そのため弁護士が介入して不倫相手(愛人)が冷静になれば円満に解決できることがほとんどです。

もし、不倫を秘密にしたいまま、不倫相手(愛人)との別れ話をしたいのであれば弁護士に早めに依頼することをおすすめします。

他方で、既にあなたの配偶者が不倫の事実を知っている場合、不倫相手(愛人)が慰謝料・手切れ金を請求すると、不倫相手(愛人)はあなたの配偶者から逆に不倫慰謝料を請求されることも考えられます。従って、このような場合は不倫相手(愛人)としても弱い立場となるため、比較的冷静に慰謝料、手切れ金の話し合いを進められる場合が多くなります。

ポイント⑤:どの程度の予算で解決するか

不倫相手(愛人)から慰謝料・手切れ金を請求されたときは、解決のためにどの程度の予算があるかによって解決方針が異なります。もっとも、不倫相手(愛人)が手切れ金として500万円から1000万円もの請求をしても、手切れ金をそのまま払う必要はありません。

弁護士に依頼して愛人との別れ話や慰謝料・手切れ金の減額交渉を行う場合、(i)慰謝料・手切れ金として渡す金額と(ii)減額交渉の弁護士費用が予算として必要となります。

一般的には予算として200~300万円程度をご用意される方が多いようです。手切れ金として100万円から200万円程度、弁護士費用として50万円~100万円が内訳です。

もっとも、家族に秘密にしたい等の解決方針や不倫相手(愛人)との別れ話のもつれによって手切れ金や弁護士費用も異なります。

交際期間の長さ、別れるに至った経緯、不倫相手(愛人)への謝罪の気持ち、ご自身の年収・資産等を考慮して、弁護士と相談の上で決定いただくことになります。

愛人・不倫相手から手切れ金を請求された事案は、全国でもほとんどの弁護士が取り扱っていません。しかし、私たちは、経営者やお医者様等のご依頼者様から多数の愛人・不倫相手とのトラブルをご依頼いただいております。

愛人と別れるときに感情的なこじれが生じても、弁護士が介入すれば円満に別れ話がすすむことがほとんどです。

愛人・不倫相手とのトラブルは、法律相談・見積りは無料です。正式にご依頼いただくまで費用は一切かかりません。私たちが対応できるかを電話で無料相談いただくことも可能ですので、まずはお気軽にお問合せください。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加