無料相談はアイシア法律事務所

【2019年最新版】ダブル不倫の事案で慰謝料請求されたときのポイント【解決事例あり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブル不倫の事案における不倫慰謝料減額のポイント

(更新日)2019年8月15日

不倫相手の配偶者から不倫慰謝料を請求された場合、あなたも既婚者であるダブル不倫の事案においては、不倫慰謝料減額のポイントがいくつかあります。

ダブル不倫で慰謝料請求されたときの特徴

ダブル不倫で慰謝料を請求されたときは、以下のような弱みがあるため通常に比べて不倫慰謝料が高額になる傾向にあります。

  • あなたの配偶者にダブル不倫を秘密にしたい
  • 不倫相手が慰謝料減額に協力しない

 あなたの配偶者が不倫を知っているか

ダブル不倫の事案で不倫慰謝料を減額交渉をする場合、あなたの配偶者が不倫を知っているかは重要なポイントです。

ダブル不倫をばれずに解決したい

あなたの配偶者が不倫を知らない場合、あなたの配偶者に不倫がバレないことを希望するのであれば、ある程度の不倫慰謝料を支払って早期・円満の解決を図る必要があります。

ダブル不倫で慰謝料を請求されたときは、当初は弁護士同士の話し合いにより、話し合いが決裂した場合は裁判によって解決することになります。

(参考)不倫慰謝料の減額を弁護士に依頼したら裁判になりますか? 

徹底的な慰謝料減額を行って裁判になっても、ダブル不倫が自分の配偶者にばれるとは限りません。しかし、ダブル不倫がばれるのではないかとおびえるより、早期・円満に解決することを希望して不倫慰謝料の金額を譲歩される方も少なくありません。

なお、私たちにご依頼いただいた事案でも、不倫をばれずに解決した解決実績は数多くありあます。ダブル不倫で慰謝料を請求されたときは、不倫をばれずに解決できるかという観点から弁護士を選ばれるかたも多いようです。

不倫がばれずに慰謝料減額に成功した事例

※最新の5記事のみを表示しております。

配偶者の協力を得られた場合は大きなアドバンテージ

他方で、あなたの配偶者が既に不倫を知っている場合、あなたの配偶者も不倫相手に対して不倫慰謝料を請求できます。ダブル不倫で慰謝料を請求される前であれば牽制できますし、慰謝料を請求された後でも相手方夫婦が離婚しないのであれば交渉材料となります。

お互いの家計が一緒であれば、不倫相手の配偶者からあなたへの慰謝料請求と、あなたの配偶者から不倫相手の慰謝料請求を打ち消し合うことを交渉材料として大幅な不倫慰謝料の減額も考えられます。

ダブル不倫では不倫相手の協力を得にくい

ダブル不倫の事案では一般的にあなたと不倫相手は遊びの関係であることが多いかと思います。そのため、ダブル不倫の事案で慰謝料を請求された場合、あなたと不倫相手の関係が悪化すると、様々な問題があります。

まず、不倫慰謝料を請求されたときは不倫相手の協力を得られるかは重要です。不倫相手の協力を得られたら、夫婦関係が破たんしていたこと等の有利な事情を知ることができるからです。

しかし、ダブル不倫ではお互いに家庭があるため、ダブル不倫がばれて慰謝料を請求されたときはお互いに連絡が途絶えることが多いです。このようにダブル不倫では不倫相手の協力を得られないため慰謝料減額の交渉が難航します。

また、不倫慰謝料の減額時にあなたと不倫相手の間の求償権をどう取り扱うかが問題となります。求償権とは、あなたは不倫慰謝料を支払ったとしても、別れた不倫相手に対してその一部を負担させることができる権利です。

ダブル不倫ではお互いが家庭い戻って夫婦関係を継続することも少なくありません。不倫相手が夫婦関係を継続する場合、不倫慰謝料請求を受けたあなたが不倫相手に対する求償権を放棄することは不倫慰謝料減額の交渉材料となります。

(参考)慰謝料減額交渉 5つの理由【弁護士執筆】

ダブル不倫の特徴を踏まえて慰謝料減額を

以上の通りダブル不倫の事案では様々な特徴があります。慰謝料を請求されたときは慰謝料減額に強い弁護士に依頼したいと思われるかもしれません。

しかし、慰謝料減額と言っても様々な類型によって特徴があります。ダブル不倫の事案で慰謝料を請求されたときは、ダブル不倫の特徴を踏まえて慰謝料減額をする必要があります。

なお、私たちはダブル不倫で慰謝料を請求された事案でご依頼される方も少なくありません。もしダブル不倫で慰謝料を請求されたときのポイントを知りたいとお考えであれば、私たちの無料相談をご利用ください。

ダブル不倫で慰謝料請求された事案の解決事例

※最新の5記事のみを表示しております。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加