無料相談はアイシア法律事務所

【弁護士執筆】SNS不倫で慰謝料請求されたときの落とし穴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【弁護士執筆】SNS不倫で慰謝料請求されたときの落とし穴

SNSや出会い系サイト経由の不倫が近年増加しています。この記事ではSNSや出会い系サイト経由の不倫で慰謝料を請求された場合に特有の落とし穴について解説します。私たちは、慰謝料請求された事案を数多く取り扱っていますが、SNS不倫は実務的に慎重な対応が必要となります。ご相談をいただいた経験を踏まえて実務的なノウハウや注意するべき点を解説します。

1. SNS不倫が身近に

1.-(1)     SNS不倫とは

インターネットの普及に伴ってSNS不倫が増加しています。SNS不倫とは、SNSをきっかけとして不倫に至る場合です。SNS不倫には、(i)元々知り合いであった同級生等とSNSで繋がったことで不倫に至る場合と、(ii)SNSで知らない人から友達申請をされて仲良くなって不倫に至るケースがあります。また、出会い系サイト経由の不倫もSNS不倫の一種と言えるでしょう。

また、「人生一度、不倫をしましょう」という刺激的なコピーで有名となったアシュレイ・マディソンに代表されるように既婚者を対象として出会い系SNSも登場しています。

1.-(2)     SNS不倫は約28%

「日刊SPA!」が既婚男女200人を対象に行った2012年のアンケート調査によれば、不倫の出会いの場として、ネット掲示板及び出会い系サイトが合わせて女性の28%を占めており、インターネット・SNSを通じた不倫が身近に存在することが分かります。

匿名で手軽に利用できるインターネットの発達により、たとえ専業主婦でも家に居ながら不倫相手を簡単に見つけられる時代となりました。そのためSNS不倫がとくに女性を中心に急増しています。

もっとも、SNSや出会い系を通じての不倫であっても、慰謝料を請求される可能性はあります。一見するとお互い火遊びだと思っていても、既婚者と不倫をすれば慰謝料請求されてしまうのです。

1.-(3)     SNS不倫には落とし穴も…

手軽で便利なインターネットによるSNS不倫ですが、慰謝料を請求されたときは様々な落とし穴もあります。この記事ではSNS不倫で慰謝料請求されたときに特有の落とし穴について解説します。

2. SNS不倫の落とし穴①:不倫発覚リスクが高い

2.-(1)     SNSで不倫が発覚する事例が急増

SNS不倫の場合、不倫が発覚するリスクが非常に高くなります。私たちがご相談を受けた事例からの体感では、不倫がバレた理由の約5割はSNSがきっかけです。

2.-(2)     写真のハッシュタグで不倫発覚

例えば、お互いの体の一部分がさりげなく写り込んだ写真をアップしたり、一緒に行った場所やお店の写真をハッシュタグ付で投稿することがあります。顔が写っていなければ大丈夫と考えているかもしれません。しかし、その写真を見られると、一緒のお店や場所に居ることが何度も重なったことから不倫を疑われる可能性があります。

SNSは不倫をされた配偶者と間接的に繋がっているため、些細な投稿等における共通点から不倫が発覚するリスクが非常に高いのです。

2.-(3)     不倫相手の突撃による不倫発覚も

また、不倫相手が不倫であることを知らなかった場合や、不倫関係の清算時にもめた場合は、不倫相手が不倫をされた配偶者にSNS経由で突撃したことで不倫が発覚することもあります。

不倫をされた配偶者に不倫の事実を良かれと思って知らせたとしても、不倫をしたのは事実ですから配偶者から不倫慰謝料を請求される可能性は十分あります。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

2.-(4)     個人情報流出リスク

不倫発覚リスクと異なりますが、SNS経由の不倫では個人情報発覚リスクもあります。SNS不倫で個人情報が流出すると、単に不倫の事実と個人情報がセットで分かるため非常にダメージが大きくなります。

不倫SNSの代表格であるアシュレイ・マディソンでは2015年7月下旬に約3700万人のユーザーの個人情報が漏えいしたと発表がありました。このことで世界中の不倫をしたい人の個人情報がインターネットに公表されることになり、不倫SNSユーザーのダメージは甚大なものでした。

3. SNS不倫の落とし穴②:不倫相手が逃げるリスク

3.-(1)     不倫慰謝料と求償権

不倫をされた配偶者からあなたは不倫慰謝料の請求を受けた場合、あなたは不倫相手に対して求償権を請求することができる場合があります。例えば、あなたが既婚男性と不倫をしており、男性の奥様から不倫慰謝料300万円を請求されて支払えば、あなたは既婚男性に対して支払った不倫慰謝料の半額150万円程度を求償権として請求できます。

また、あなたが既婚男性と不倫をしており、男性の奥様から不倫慰謝料の請求を受けた場合、既婚男性が不倫慰謝料について全ての責任を負ってくれることもあります。不倫慰謝料減額の弁護士費用や、減額された不倫慰謝料(解決金)等を既婚男性が支払ってくれるケースもあります。

3.-(2)     不倫慰謝料の対応について協力が必要

求償権以外にも不倫慰謝料を請求された場合、不倫慰謝料の対応について不倫相手と協力が必要になることもあります。例えば、不倫が原因で離婚に至ったか否かは不倫慰謝料の減額を判断するときの大きな要素ですが、不倫相手と連絡が取れないと不倫が夫婦関係に及ぼした影響を判断できません。

3.-(3)     SNS不倫では不倫相手が逃げやすい

しかし、インターネットを通じて知り合ったSNS不倫の関係だと、不倫慰謝料を請求されたときに不倫相手が逃げやすくなります。とくに、既婚男性とのSNS不倫のケースでは、奥様に不倫が発覚した段階で奥様との夫婦関係を修復するため、一切連絡を絶たれてしまうこともあります。

こうなると、不倫相手に対する求償の話し合うことや、不倫慰謝料の対応について協力することが難しくなります。このようにSNS不倫では不倫相手が逃げるリスクがあります。

4. SNS不倫の落とし穴③:第三者に不倫を暴露されるリスク

4.-(1)     SNS不倫当事者はITリテラシーが高い

SNS不倫はSNSをきっかけに不倫に発展するものです。従って、SNS不倫の当事者はSNSで知り合った他人と出会うことに抵抗がないと言えます。SNS不倫は、インターネットが身近であり、比較的ITリテラシーが高い当事者の間で行われます。

そのため、不倫関係が円満に終わらず不倫関係の清算等でもめてしまうと、インターネットトラブルに発展しやすいのがSNS不倫の特徴と言えます。

4.-(2)     様々な方法で不倫の暴露が…

SNS不倫において不倫関係の清算で揉めた場合、様々な方法で不倫関係を第三者に暴露されることがあります。

不倫のやり取りをFacebook上でアップロードしたり、匿名掲示板等に個人情報を書き込んだりされることも。また不倫暴露ブログを公開されるという事案もあるようです。

気軽にインターネットを利用し、SNSを通じて不倫関係になると、不倫関係清算で揉めた時も気軽にインターネット等で不倫を暴露されるリスクがあります。

5. まとめ

今回はSNS不倫に関する落とし穴について解説しました。SNSを通じた不倫トラブルは対応を間違えるとインターネットトラブルにも発展しかねません。SNS不倫で不倫慰謝料を請求された、不倫相手との交際関係清算でもめている等の場合は弁護士に相談することをおすすめします。

不倫慰謝料の減額について法律相談と見積りは無料です。正式にご依頼いただくまでは費用は一切発生しません。弁護士直通の電話による無料法律相談も行っております。不倫慰謝料を請求された場合は、まずはお気軽にお問合せください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加