無料相談はアイシア法律事務所

不倫をやめたいと思う女性に弁護士から送るメッセージ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫をやめたいと思う女性に弁護士から送るメッセージ

不倫をやめたいと思っている女性は意外と多いものです。正確に言うと、「不倫は良くないのでやめたいけど、なかなか別れられない…」と悩んでいる人は多いです。

不倫で慰謝料を請求された事案を数多く扱っていると、生々しい不倫事情を知ることができます。

不倫問題に詳しい弁護士は、慰謝料を請求する側と慰謝料を請求される側がいます。とくに慰謝料を請求される側の弁護士は、不倫当事者から信頼されて秘密の話を聞くため、不倫の実態に詳しくなります。

今回は、弁護士目線で不倫をやめたいと思っている人に伝えたいことを解説します。

【本記事の執筆者】弁護士 坂尾陽 Akira sakao -Attorney at law-
2009年 京都大学法学部卒業

20011年 京都大学法科大学院修了

2011年 司法試験合格

2012年 森・濱田松本法律事務所入所

2016年 アイシア法律事務所設立

1.     不倫をやめたい女性の悩み

まず不倫をやめたい女性はどのような悩みを抱えることが多いのでしょうか。

1.-(1)  好きになったら既婚者だった

不倫をやめたいと思うのに別れられない理由は、なんだかんだ不倫相手の男性のことが好きだからですよね。

とくに、「好きになったら実は既婚者だった」というパターンでは不倫をやめられずに悩むことが多いです。

1.-(2)  強引にアプローチをされて不倫関係に

また、既婚男性から強引に口説かれて肉体関係を持つようになったケースでも、不倫をやめたいと悩む女性は多いです。

このケースで最も多いのは、職場の上司である既婚男性と不倫関係になってしまったケースですね。

元々憧れの上司で気になっていたし、職場の人間関係があるので断りきれずに肉体関係をもってずるずる続いてしまうパターンです。

1.-(3)  頭では分っているけど別れられない

一度不倫関係が始まってしまうと、なかなか別れるのは難しくなります。

頭では「不倫は良くないので別れるべき」と思っていても、断固として別れることができずに悩んでいる女性は意外と少なくありません。

2.     不倫をやめられない理由

不倫をしている女性が、不倫をやめられない理由は様々ですが、既婚男性が魅力的に見えて居心地が良いからではないでしょうか。

2.-(1)  魅力的な男性との不倫関係

魅力的な男性は結婚をしても女性と付き合おうとします。逆に言うと、不倫をしている既婚男性は魅力的な人が多いのです。

一般的には尊敬できる社会的立場や職業であることも少なくありません。今までの彼氏とは全く違うライフステージにいて尊敬できることもあるでしょう。

2.-(2)  食事や身体の相性が良い

既婚男性は経験豊富であり、食事や身体の相性が合うということもあります。一緒に美味しいものを食べて、気持ち良い時間を過ごせば別れがたいと思ってしまうのも当然です。

不倫をやめようと思っても、美味しいものを食べようと誘われて会うだけと思っていたのに、ずるずると肉体関係を持ってしまうケースも多いです。

2.-(3)  既婚男性の包容力

優しく包容力がある既婚男性に癒されるため不倫をやめられないケースも多いようです。

家庭を持っている既婚男性は余裕があるため、不倫相手の女性に対してガツガツしていません。今までの彼氏に比べたときに既婚男性の気遣い・優しさなどの包容力は魅力的に見えることもあるでしょう。

2.-(4)  不倫関係な適度な距離感

恋愛体質でない女性であっても不倫関係から抜け出せなくなるケースがあります。

不倫関係は恋人関係と違って適切な距離を保つことができます。恋人から「毎日会いたいと言われるのがめんどくさい」と思う女性も多いようです。

しかし、不倫関係であれば、既婚男性は家庭があるため会う時間や頻度はさほど多くありません。

このような適度な距離感の居心地が良くて不倫がやめられないケースもあるようです。

2.-(5)  他人のものは欲しくなる

また、他人のものが欲しくなるということで不倫関係を持つ女性もいます。

既婚男性は、少なくとも奥様から選ばれているわけで、何かしらの魅力があると言えるでしょう。他人に選ばれた男性ということでつい興味を持ってしまうこともあるかもしれません。

また、知り合いの既婚男性と肉体関係を持ってしまう人もいるようです。

3.     弁護士が見た!不倫の結末はどうなる?

不倫をやめたいと悩んでおられる方の中には不倫の結末がどうなるか気になるかたもおられるかもしれません。

もちろん円満に不倫関係が終了するケースもあるでしょう。弁護士が不倫を見るときは大体問題が生じているため悲惨なケースが多いです。

従って、弁護士目線で言えば不倫の悲しい結末を多く見ることになります。

3.-(1)  不倫はバレル

まず知っていいただきたいのは、不倫は意外と簡単にバレるということです。むしろ、既に不倫相手の奥様は薄々不倫に気づいていることも少なくありません。

弁護士と相談しながら証拠を掴むために不倫相手を泳がせているケースも少なくありません。

不倫がバレるきっかけは様々です。明確な証拠を残さず、どれだけ気を付けていたとしても、最悪の場合は問い詰められた男性がペラペラ喋ってしまえば不倫はバレます。

なお、どのような場合に不倫がバレるか等は下記記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

(参考)不倫コラム:不倫がバレる確率と不倫がバレる5つの理由【弁護士執筆】

3.-(2)  高額な不倫慰謝料を請求される

不倫がバレてしまったときは高額な慰謝料を請求されるケースが少なくありません。具体的には300万円程度の不倫慰謝料を請求されることが多いです。

(参考)不倫慰謝料金額の相場と減額見込み

請求された不倫慰謝料をそのまま支払う必要はなく、基本的には慰謝料は減額することができます。しかし、慰謝料を請求されてトラブルに巻き込まれると大きな負担になります。

少なくとも不倫問題を解決するために100万円以上のお金が必要となります。

不倫がやめられないままだと精神的・金銭的な負担が生じることを覚悟しておく必要があります。

3.-(3)  不倫をやめたいと思っていたことでは許されない

不倫慰謝料を請求されたとき、「既婚男性から強引に口説かれた」、「不倫をやめたいと思っていたので既婚男性から誘われた」と言い訳をしたくなるかもしれません。

しかし、厳しい言い方ですが不倫をやめたいと思っていたことで許されることはありません。

慰謝料を請求する奥様の性格にもよりますが、下手に言い訳をするとかえって怒らせることもあります。

また、法律上も不倫をやめたいと思っていたことが慰謝料の金額に反映されることはありません。

3.-(4)  退職を求められるケースもある

また、社内不倫の既婚男性との不倫がやめられないケースでは会社を退職するよう求められるケースもあります。

現実に弁護士に相談する人の中には、不倫がバレたため退職をしてしまった人も少なくありません。

法律上は、職場で不倫をしたからと言って退職する必要はありません。しかし、正しい知識を持っていないと、不倫を厳しく責められて退職に応じてしまうこともあります。

また社内に不倫をしたことが広まって居心地が悪くなって退職することもあるでしょう。

(参考)社内不倫で慰謝料を請求されたとき退職の必要性や減額のポイントを解説

3.-(5)  不倫相手がストーカーするリスク

必ずしも多いわけではないですが、不倫相手と別れ話をしたときに不倫相手がストーカー化するケースも稀に存在します。

不倫をやめたいと話をしたところ不倫のことを妻に言うと脅されたり、自宅まで押しかけてきてつきまといをするのです。

もちろん、既婚男性も不倫がばれると家庭崩壊や慰謝料請求をされるリスクがあります。

しかし、あなたに執着するあまり、別れ話をされたことで逆上をして不合理な行動を取ってしまうのです。

もし不倫をやめたいと話をしたときに感情的になるようであれば、少し慎重に対応をした方が良いでしょう。必要があれば不倫相手と穏便に別れるために弁護士に依頼することも考えられます。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

4.     上手に不倫をやめるためのコツ

4.-(1)  円満に別れることを目指す

不倫をやめるためのコツですが、不倫相手と別れ話をしたときにトラブルになると問題が大きくなりかねないため円満に別れることが最も重要です。

まずは不倫をやめることを断固決意する必要があります。気持ちの切替えは難しいですが、自分が不倫をやめると決めないと別れることはできません。

基本的には会う頻度を減らしていきつつ相手方の対応を慎重に伺いましょう。

既婚男性がすんなり別れてくれそうであれば他方で別れ話をしても良いでしょう。他方で、もし向こうの気持ちが盛り上がっているのであれば、会う頻度をそれとなく減らしてフェードアウトを狙います。

4.-(2)  慰謝料請求されたときを想定する

不倫をやめるときに意識するべきことは、万が一、不倫相手の奥様から慰謝料を請求されることを想定しておくことです。

不倫終了から数年経ってから慰謝料請求されることも珍しくありません。

不倫相手のことを忘れたときに慰謝料請求がなされて驚いたと法律相談される方もおられます。

しかし、不倫で慰謝料を請求されたときに、既婚男性側の協力を得られるかは慰謝料減額にあたって重要です。

例えば、「妻との結婚生活が上手く行っていない」と聞いていたようなときに、既婚男性側の協力を得られれば婚姻関係が破たんしていたので慰謝料を払わないと反論することが可能なときもあります。

そのため、不倫をやめたとしても、万が一に備えて既婚男性に連絡ができるよう備えておくことが重要です。

もちろん不倫が再発しないように注意した方が良いですが、ある程度は良好な関係を保っておくことも考えるべきでしょう。

5.     まとめ:不倫をやめたいと悩んでいるあなたへ

不倫をして慰謝料を請求されたため弁護士に相談にお越しになる方は、色々と悩んだ上で不倫をしてしまいます。

私たちは、慰謝料を請求された事案を数多く扱っており、不倫をした人の味方になりたいと思っています。

(参考)不倫慰謝料を請求された方への想い

既婚者であっても人を好きになる気持ちを止めることはできません。不倫関係は居心地が良いものですが、悲しい結末を迎えることもあるので注意が必要です。

不倫をやめることを決意したときでも、できる限り穏便に別れるべきです。また、不倫終了から数年経過してから高額な慰謝料を突然請求されることもあります。

不倫で慰謝料を請求される可能性は意識しつつ、不倫をやめたとしても既婚男性から協力を得られる関係であるとスムーズです。

また、不倫で慰謝料を請求されたときに備えて、事前にどのように対応するべきか心構えを持っておくことも良いでしょう。不倫慰謝料を請求された事案については下記記事でまとめておりますので参考にお読みください。

(参考)慰謝料を請求されたとき、支払い回避のために知らないと損をする全知識46項目【弁護士執筆】

高額な慰謝料の減額・免除の無料相談へ(24時間365日受付)

  • 0円!完全無料の法律相談
  • 弁護士による無料の電話相談も対応
  • お問合せは24時間365日受付
  • 土日・夜間の法律相談も実施
  • 全国どこでも対応いたします

 

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加