無料相談はアイシア法律事務所

裁判で不倫慰謝料を請求された場合は解決までどのぐらいかかりますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裁判で不倫慰謝料を請求された場合は解決までどのぐらいかかりますか?

不倫慰謝料を請求されたため減額交渉を行ったものの、不倫慰謝料の減額交渉がまとまらなかったときは、裁判を起こされて不倫慰謝料を請求される場合があります。不倫慰謝料を請求する裁判を起こされた場合、どの程度期間がかかるのかを解説します。

不倫慰謝料の裁判は半年~1年程度

裁判で不倫慰謝料を請求された場合、解決までの期間は通常は半年から9か月程度です。不倫慰謝料の減額事由として、夫婦関係の破たんや肉体関係がなかったことを主張するときは裁判期間が長くなる傾向にあり、1年以上の時間を要することもあります。

裁判期日は1か月に1回程度で設定

裁判期日は概ね1か月に1回程度のペースで設定されます。もっとも、弁護士に不倫慰謝料の減額を依頼している場合は、弁護士が裁判対応を行うため、あなたは裁判期日に出頭する必要はありません。

もっとも、裁判官が当事者から話を聞く必要があると考えたときは、ドラマや映画である証人尋問のように1回だけ裁判所での尋問手続きに参加する必要があります(所要時間1~2時間程度)。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加