無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:不利な言質を取られたが弁護士の介入により慰謝料180万円の減額に成功した事例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:不利な言質を取られたが弁護士の介入により、慰謝料180万円の減額に成功した事例

1. 事案の概要

ご依頼主様(30代/女性)は、職場の男性と食事に行くうちに親睦を深め、後に不貞関係となりました。このことが、男性の奥様にばれてしまい、ご依頼主様は慰謝料として300万円を請求され、今回ご相談いただきました。

2. 慰謝料問題を私たちに依頼した理由

2.-(1)  丁寧な電話相談を無料で実施

私たちは、正式にご依頼いただくまでの初回の電話相談や、来所相談を全て無料で行っております。ご依頼主様につきましても、まずはお電話をいただき、そこで当事務所の弁護士が丁寧なヒアリングを行いました。そこでの対応を評価いただき、正式にご依頼いただきました。

2.-(2)  今までに数々の不貞慰謝料請求に対応してきた実績

私たちは不貞慰謝料請求の対応にはかなり力を入れており、過去に多くの案件を解決してきました。過去の解決事例は弊所ホームページにも掲載をしており、様々な方に安心してリーガルサービスを受けて頂けるよう日々努めております。ご依頼主様にも過去の実績を評価していただき、今回ご依頼いただきました。

3. 解決までの流れ

3.-(1)      口頭で支払うことを約束したと主張されていたことに対する反論

ご依頼主様は、私たちにご依頼いただく前に、相手方の弁護士から直接慰謝料請求をする旨を伝えられていました。そこで、ご依頼主様がご自身で例えば分割払いをすることは可能かといった質問をしたところ、相手方は分割払いであれば全額支払うつもりがあると捉えたため、終始300万円の支払いを求めてきていました。

ご依頼主様としては可能であるかの確認をしたのみであり、合意をした覚えはありませんでした。そこで、私たちにご依頼いただいた後は弁護士が交渉窓口となり、300万円を支払うことに合意した覚えはないということを正式な書面で連絡をしました。

請求されたご本人様と相手方の弁護士の交渉となると、知識不足や曖昧な回答により、時間が経てば経つほど、どうしても不利になってしまう場合があります。

弁護士に依頼するメリットとしては、こうした交渉の窓口となることでご自身が不利な立場に誘導されることを防ぐことができる点や、直接交渉をしないことによる精神的負担をカバーできるという点が挙げられます。

3.-(2)      不貞期間が短期間であったこと

過去の裁判例によると、不貞行為による慰謝料請求をされた時、不貞期間が短いことが大幅な慰謝料の減額理由として考慮された事例が数多くあります。

本件では、ご依頼主様の不貞期間は半年程度でした。半年という期間は、過去の裁判例においても短期間であるという評価が成されているものが多数あり、このことで大幅な慰謝料減額が認められるべきであると私たちは主張しました。

4. 解決結果: 慰謝料180万円の減額に成功 解決期間 約3ヶ月

今回は、不倫相手の配偶者から300万円の慰謝料を請求された事案でした。

不貞期間が長期間に渡れば渡るほど、慰謝料金額は高くなる傾向にあります。しかし、今回のケースでは不貞期間が比較的短かったことを慰謝料減額事由に当てはまると主張しました。

また、ご依頼主様と相手方の弁護士が直接連絡をとり交渉を進めるのではなく、弁護士同士できちんと交渉を進めることができたことも今回で大幅な慰謝料減額が認められたポイントの1つです。

本件のようにご自身で慰謝料減額の交渉をすると相手の弁護士にあげ足を取られて不利な交渉状況に追い込まれることもあります。不用意に相手方の弁護士に何か言って大きな損をする前に必ず弁護士に相談されることをおすすめします。

本件は300万円もの慰謝料を請求された事案でしたが、最終的に、120万の慰謝料減額に成功し、180万円の支払いで解決することが出来ました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
300万円 120万円 180万円

慰謝料を請求された場合は、早急に対応する必要があります。請求された金額が妥当であるのかどうかなどの法的アドバイスは、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

私たちは、慰謝料減額案件に力を入れており、これまで多くの慰謝料を減額してきました。私たちは、より多くの人が相談できるよう、正式にご依頼いただくまでの費用は一切いただいておりません。まずはお気軽にお問い合わせください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加