無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:離婚に至った事案で80万円の支払いで解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:離婚に至った事案で80万円の支払いで解決

1. 事案の概要

ご依頼主様(20代/女性)は、職場の上司であった男性と仕事終わりにお食事にいくようになり、そのうちお食事の頻度が増え、交際に発展しました。

ご依頼者主様はその男性が結婚されているのを知っていました。しかし、男性から夫婦関係がうまくいっていないことを相談されており、そのこともあって不倫関係に至ってしまいました。

ところが、不倫関係について男性の奥様が知ることになり、男性の奥様から不倫によって夫婦関係を破壊され精神的苦痛を被ったとして300万円の不倫慰謝料を請求されてしまいました。

2. 不倫トラブルをアイシア法律事務所に依頼した理由

2.-(1) わかりやすいホームページ

ご依頼者主様はアイシア法律事務所のホームページをご覧になり、その内容がわかりやすく、法律知識のない自分にも親切に対応してもらえるのではと期待しご依頼していただきました。

アイシア法律事務所は、不倫慰謝料を請求された事案についてホームページでたくさんの事例を掲載しております。不倫慰謝料を請求された事案にも、職場不倫の事案、ネットで知り合った事案、W不倫の事案等の様々なパターンがあります。アイシア法律事務所は不倫慰謝料を請求された事案について、多数の解決実績を誇り、ホームページ上で公開しています。お悩みの事案に似た解決事例がきっと見つかるはずです。

さらに、不倫慰謝料を請求された事案の解決事例だけでなく、慰謝料を請求され不安になっている方が相談しやすいように、解決までの流れや費用についてわかりやすく掲載しています。

2.-(2)スピーディーな対応

アイシア法律事務所は、法律相談をお受けする前にまずは電話にて事案内容の聞き取りをしています。

今回のご依頼者主様には気軽に電話相談ができた点と、電話相談をした当日にご来所の予定を入れることができた点を評価していただきました。突然不倫慰謝料を請求されて不安な気持ちについて少しでも早く誰かに相談したい、また早期に解決にしたいというお客様が多いです。不倫慰謝料を請求されて早期に相談・対応したいお客様が多くいらっしゃるため、当事務所ではお電話相談からその後の流れまで、スピーディーな対応を心がけています。

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3. 解決までの流れ

3.-(1)  粘り強く交渉し減額に成功

ご依頼者主様はお付き合いをしていた男性から元奥様に度々離婚したいと言われていたこと、また男性自身も離婚したいと考えていることを聞かされておりました。そのため、依頼者様は男性とその奥様との婚姻関係はすでに破綻しているものと認識し、男性とお付き合いをしていました。

しかし、男性の元奥様は当時夫婦関係はいたって順調であったと主張されたため、主張が食い違う形となってしまいました。不倫慰謝料の減額交渉においては、男性による夫婦関係が悪化しているとの発言を安易に信じた依頼者様に過失があるとまで言われてしまい減額が厳しい状況となりました。

しかし、ご依頼主様の経済状況も考慮し、当事務所の弁護士は粘り強く相手方弁護士と交渉いたしました。その結果、依頼者様の望まれていた額まで不倫慰謝料を減額するができ、依頼者様にも満足していただけました。

3.-(2) 依頼者様にとって有利な情報を収集

アイシア法律事務所の担当弁護士はこの事案を担当する中で、ご依頼主様がお付き合いをされていた男性と直接お話いたしました。弁護士が直接男性からお話を聞くことで、離婚時の財産分与時に、男性から元奥様に対して慰謝料相当額が支払われていたことが発覚しました。

アイシア法律事務所の弁護士はこのことを不倫慰謝料の減額事由挙として主張し、大幅な慰謝料減額に成功いたしました。

不倫慰謝料を減額するためには、夫婦関係に関する情報が重要になることがあります。不倫慰謝料を請求された場合でも、一方的に悪い事案は多くはありません。弁護士に相談することで、隠れていたご依頼主様にとって有利な情報が得られることが多くあります。一人で悩まず、気軽にご相談ください。

4. 解決結果:請求された慰謝料額の3分の1以下の金額で示談成立 解決期間約4か月

本件では不倫相手の元奥様から300万円という高額な不倫慰謝料が請求された事案でしたが、最終的には不倫慰謝料の金額を80万円まで減額しての示談を成立させることができました。一般的に、不倫慰謝料の相場として、離婚に至った場合は200~300万円程度と言われることがあります。しかし、アイシア法律事務所は、不倫慰謝料を請求された事案を数多く担当しているため、上記のような相場をはるかに下回る金額まで減額することができました。

初めはご依頼者主様と相手方のおっしゃる事実が食い違ったりするなど厳しい状況が続きましたが、本件ではご依頼主様より経済状況が良好ではなく、高額な不倫慰謝料を支払うことはできないと相談されていたため、粘り強く情報を収集して交渉し、いかに大幅な減額を実現するかにこだわりました。

本件のようにご依頼主様自身は不倫相手から夫婦関係がうまくいっていないと聞かされていたものの、不倫相手の配偶者から夫婦関係が良好であったということを主張され、主張が食い違ってしまう場合は少なくありません。

不倫相手から聞いたことを相手方(不倫相手の配偶者)に主張しても、その発言の真偽は不確かなものであるから減額事由にはならないと突き返されてしまうことがあります。そのような場合でも、弁護士に依頼して有利な情報を集め、適切に主張を組み立てることで不倫慰謝料を減額することは可能です。

高額な不倫慰謝料を請求されて、どうしていいかわからずお困りの場合には、まずは弁護士にご相談ください。アイシア法律事務所では24時間365日お電話相談も受け付けております。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も可

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加