無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:不倫略奪婚の事案で解決金100万円未満で解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:不倫略奪婚の事案で解決金100万円未満で解決

1.     事案の概要

ご依頼主様(40代/女性)は、職場の既婚男性と業務を通じてともに過ごす時間が多くなり、そのうち不倫関係になりました。

ご依頼主様は、不倫相手の既婚男性から夫婦仲が悪く離婚を考えていると聞いていたことから不倫関係を継続しました。

その後、既婚男性は奥様と離婚をされて、ご依頼主様と再婚をされました。

このことを知った既婚男性の元奥様は、弁護士を立てて不倫が原因で離婚したことを理由に慰謝料300万円と弁護士費用30万円の合計330万円を請求する裁判を起こしました。

本件のポイント

不倫相手と交際関係を継続したこと

不倫がばれた場合に不倫相手と別れるか又は交際関係を継続するかは対応方針にあたって重要です。本件は、不倫相手と交際関係を続けて最終的には再婚しました。このように不倫相手と交際関係を続ける場合でも慰謝料減額はできますのでご安心ください。

(参考)不倫をやめることを強制されるか?

不倫相手の離婚経緯が問題となった事案

不倫が原因で離婚に至った場合は一般的に高額な慰謝料が認められる傾向があります。しかし、離婚の経緯によっては必ずしも離婚をしたことが不利になるとは限りません。

不倫相手の夫婦間でどのような話し合いがあったかは重要なポイントになるのでご注意ください。

(参考)不倫相手が慰謝料を免除された場合の効力:判例と実務の違いに注意【弁護士解説】

2.     慰謝料の減額・免除を私たちに依頼した理由

2.-(1)     来所相談で訴状を拝見して的確なアドバイス

私たちは、慰謝料を請求された事案についてご来所での法律相談と弁護士による電話相談のいずれも無料で承っております。

来所での法律相談と弁護士による電話相談のメリット等は以下のとおりです。

来所での法律相談 弁護士による電話相談
メリット 弁護士と直接会って悩みを相談できる安心感 事務所に直接来る必要がないため手間が省ける
選ぶ理由
  • 弁護士との相性を確かめたい
  • 証拠や資料を見て欲しい
  • 回答期限が迫っていてすぐに相談したい
  • 来所が難しくても相談できる
向いている方
  • 裁判を起こされた方
  • 誓約書・合意書を作った方
  • お忙しくて来所が難しい方
  • 遠方の方(全国対応)

法律事務所によっては原則として来所での法律相談を受けていないところもあるようです。しかし、本件ではご依頼主様は来所いただき、当事務所の弁護士が訴状を拝見して的確なアドバイスをしたことからお選びいただいたようです。

高額な慰謝料の減額・免除の無料相談へ(24時間365日受付)

  • 0円!完全無料の法律相談
  • 弁護士による無料の電話相談も対応
  • お問合せは24時間365日受付
  • 土日・夜間の法律相談も実施
  • 全国どこでも対応いたします

 

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

2.-(2)     多数の解決実績に基づくきめ細かな対応

一口に不倫で慰謝料を請求された事案と言っても問題点は多岐に渡ります。

私たちは慰謝料の減額・免除について多数の解決実績を誇るため、あなたが抱える悩みに関しても似たような対応経験があります。

多数の解決実績があることから、慰謝料を請求された方の悩みに対してきめ細かな対応ができる点が強みです。

本件の特徴としては不倫相手が離婚をし、ご依頼主様と再婚をされたことがあります。

とくに離婚にあたって夫婦間で慰謝料について清算済みであったのではないかが論点となります。

このような細かい論点に関しても、慰謝料の減額に強い弁護士が丁寧にフォローしますのでご安心ください。

(参考)慰謝料減額に強い弁護士を選ぶための4つの特徴

3.     解決までの流れ

3.-(1)     不倫関係の期間・回数について反論

本件では、ご依頼主様と不倫相手は知り合ってから職場の同僚として長年働いていました。そのため実際に不倫をした期間・回数は短かったものの、不倫相手の元奥様は長年不倫関係になったのではないかと疑いを持っていたようです。

そこで、弁護士は事実関係・証拠関係を整理して、現実の不倫期間・回数はわずかであったことを主張しました。

不倫自体は事実であっても、不倫の期間・回数を巡って争いが生じることも少なくありません。

しかし、不倫期間・回数は慰謝料を請求する側が証拠を出す必要があるため、原則として慰謝料の減額・免除をする側に有利な構造となっています。本件でも、このような点を指摘して、不倫期間・回数がわずかであることを前提として訴訟対応を行いました。

3.-(2)     離婚時に不利な条件を締結した場合の法律関係

不倫慰謝料は、ご依頼主様と既婚男性が不倫をしたことで生じるものであり、慰謝料の支払いも共同して責任があるとされています。

従って、慰謝料もどちらかが支払えば、その分だけ減額することができます。

本件でも、既婚男性は元奥様に対して離婚時に慰謝料の趣旨で不利な条件で離婚をした事情がありました。このように離婚時の経緯を慰謝料減額理由として主張しました。

なお、同様の事案に関する解決事例として以下も参考にしてください。

(参考)解決事例:離婚した事案でも慰謝料10万円の支払いで解決!? 離婚時の財産分与がポイントになった事例

相手方夫婦が離婚をするようなときは、離婚時の事情があなたの不倫慰謝料にも影響する可能性があります。

もし離婚の話し合いをしているような場合は、損をしないように事前に法律相談をすることをおすすめします。

4.     解決結果:不倫の略奪婚にもかかわらず慰謝料を約250万円減額

本件は、相手方夫婦が離婚したため、不倫関係を継続して最終的に再婚した事案です。結果的に不倫で略奪婚をしたと評価されて悪質な事案として高額な慰謝料が認められる可能性もありました。

しかし、本件は、弁護士が事実関係・証拠関係に適切な反論を行い、また離婚時の経緯について有利な事情を主張したところ慰謝料が減額できました。

一般的に、不倫で離婚した事案では慰謝料200万円~300万円程度が相場と言われますが、本件は請求金額から約250万円減額に成功して解決金100万円未満で解決できました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
330万円 100万円未満 約250万円

離婚をしたことを理由に高額な不倫慰謝料を請求されたときでも適切に対応をすれば大幅に慰謝料を減額できることも少なくありません。

相手方夫婦が離婚したからと言って諦めず一度弁護士にご相談ください。

法律相談・電話相談は0円!完全無料です。来所での法律相談と弁護士による電話相談のいずれも無料で対応いたします。あまり悩まずお気軽にお問合せください。

高額な慰謝料の減額・免除の無料相談へ(24時間365日受付)

  • 0円!完全無料の法律相談
  • 弁護士による無料の電話相談も対応
  • お問合せは24時間365日受付
  • 土日・夜間の法律相談も実施
  • 全国どこでも対応いたします

 

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加