無料相談はアイシア法律事務所

慰謝料減額は自分でできる?弁護士に依頼する5つのメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慰謝料減額は自分でできる?弁護士に依頼する5つのメリット

不倫で慰謝料を請求されたときに弁護士に依頼するべきか迷われる方は少なくありません。しかし、弁護士に無料相談をした相談者の方は、弁護士と話をしてみて最終的に慰謝料減額を依頼される方がほとんどです。

請求された慰謝料の減額を弁護士に依頼すれば、慰謝料を減額できる可能性があるだけでなく、対応の負担が減るのもメリットです。早期解決ができるのはもちろん、もしも裁判になっても安心です。また、不倫が自分の職場や家族にばれないまま処理できることもあります。

本記事では、弁護士に慰謝料減額を依頼した方がどのような点にメリットを感じておられるかを解説します。

<慰謝料請求された事案の無料相談受付中>

  • 法律相談・見積りは0円!完全無料
  • 弁護士による電話の無料相談も可
  • 24時間365日受付
  • 土日・夜間の相談も対応

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

1.     不倫の慰謝料はどれぐらい? 自分で減額できるか

1.-(1)      不倫慰謝料は明確に定まっていない

慰謝料とは法律で認められた損害賠償の一種です。慰謝料は精神的苦痛を補償するための制度です。

不倫で慰謝料を請求された場合で言えば、あなたと不倫相手の不倫によって不倫相手の配偶者が受けた精神的苦痛の大きさが慰謝料の金額になります。

しかし、精神的苦痛の大きさがどの程度かを算出することは簡単ではありません。また、不倫慰謝料の金額が法律で定まっているわけではありません。

さまざまな事情の組み合わせによっても慰謝料の額は変わってきます。たとえば、不倫が始まった時点ですでに夫婦生活が悪化していたのであれば、法的には精神的苦痛が比較的軽いと解釈されます。

一般的には不倫慰謝料の相場は100万円から300万円程度と言われます。しかし、いくつかの状況下では、相場以上の慰謝料を請求されるケースも珍しくありません。

例えば、妻が夫や不倫相手を心情的に許せなくても、慰謝料の請求額はふくれ上がります。請求される慰謝料の上限が法律で定まっているわけではないので、500万円から1000万円以上の不倫慰謝料を請求されることも少なくありません。

請求された慰謝料の金額がとても払えない額であれば、慰謝料を減額できるか交渉する必要があります。

1.-(2)      慰謝料減額を自分で交渉することは難しい

慰謝料の減額交渉を自分自身で行おうとする方もおられますが、現実には自分で慰謝料の減額を行うことは難しいです。

たしかに、下記記事のような慰謝料減額の理由があれば、請求された慰謝料を大幅に減額することは可能です。しかし、自分で慰謝料減額の理由を主張しても、交渉が難しい事情があるのです。

(参考)請求された慰謝料を減額できる5つの理由【弁護士執筆】

自分で慰謝料の減額を行うことが難しい理由は、不倫相手の配偶者と直接話をしなければならないからです。不倫相手の配偶者は、あなたを非常に憎んでいます。

ほとんどの事案では感情的になって冷静に話ができず、請求された慰謝料の減額を申し出れば「不倫を反省していないのか!」と激しく怒られる場合がほとんどです。

自分で不倫慰謝料の減額を行おうとしたものの、不倫相手の配偶者から厳しく責任追及をされて不利な示談書を作ってしまう方も少なくありません。NGな行動をして不利になってから相談をされる方もおられますが、「早く弁護士に相談すれば良かったのに…」ということも少なくありません。

従って、自分で慰謝料の減額を行うことはおすすめしません。弁護士に慰謝料減額を依頼すれば以下のようなメリットがあります。

(参考)不倫慰謝料を請求されたときの4つのNG項目

2.     慰謝料減額を弁護士に依頼するメリット①:法律知識に基づく慰謝料減額

弁護士に慰謝料減額を依頼された方から話を聞くと、弁護士に依頼することで大幅な慰謝料減額ができることをメリットに挙げる方が大半です。

慰謝料を減額するためには裁判例や法律の知識に基づいて交渉を行う必要があります。しかし、弁護士でない人間が法律知識に基づいて慰謝料の減額を行うことは非常に困難です。

とくに、不倫相手の配偶者はほとんどの場合、一度は弁護士に相談した上で慰謝料を請求しています。弁護士のサポートを得ている不倫相手の配偶者には、あなたの知識不足を看破されてどんどん交渉が不利になっていきます。

これに対し、慰謝料の減額に強い弁護士に依頼すれば、法律知識に基づいて慰謝料を大幅に減額することができます。300万円以上の不倫慰謝料を請求された場合でも、最終的に50万円から100万円程度の支払いで解決できる場合も少なくありません。

弁護士に慰謝料減額を依頼する一番のメリットは、大幅な慰謝料減額を期待できることでしょう。

(参考)慰謝料減額の解決事例 知らなきゃ損する16事例

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

3.     慰謝料減額を弁護士に依頼するメリット②:対応の負担が減る

また、自分で不倫相手の配偶者と慰謝料減額の話し合いをすることに負担を感じて、弁護士に依頼する方も少なくありません。慰謝料減額を弁護士に依頼すれば、対応の負担が減ることもメリットです。

とくに、最初は自分で慰謝料減額を行おうとしても、味方がいない状態が続くことで、非常に大きな心労を感じられる方が多いです。

不倫相手の配偶者から敵意を向けられ、不倫相手も味方になってくれるとは限りません。また、自分が不倫をしていたことは家族や友人に軽々しく相談できる案件でもないため、交渉が進むほど孤独が募っていきます。

不倫で慰謝料を請求されるという危機的状況の間にも、仕事や家事と言った日常生活をこなさなければならず負担が積み重なります。早くストレスから逃れたくて、言われるがまま多額の不倫慰謝料を支払う方も少なくありません。

弁護士に慰謝料減額を任せた場合は、弁護士が窓口となるため、あなたの対応の負担が減ります。とくに感情的になった不倫相手の配偶者から怒りや憎しみを直接ぶつけられなくなることに安心を感じる方が多いです。

仮に不倫相手の配偶者が「本人を出せ」と要求されても弁護士が断ってくれます。不倫相手の配偶者も弁護士相手なら冷静に話に応じることも少なくないので、結果的に早期解決にも繋がります。

不倫相手の配偶者が感情的な方である場合、嫌がらせをしてくる場合、職場を退職しろ等の慰謝料以外の要求をしてくる場合などは弁護士に依頼する必要が高いと言えるでしょう。

4.     慰謝料減額を弁護士に依頼するメリット③:円満・早期に解決ができる

また、慰謝料減額を弁護士に依頼することで、結果的に円満・早期の解決ができることも少なくありません。適正な慰謝料を支払うことは納得しているものの、円満・早期の解決をするために弁護士に依頼する方も多いです。

4.-(1)      弁護士に依頼すると大ごとになるのは勘違い

弁護士に依頼すると紛争がこじれて大ごとになるのではないか、不倫相手の配偶者をさらに怒らせることになるのではないかと心配される方も少なくありません。

しかし、弁護士に慰謝料減額を依頼すると大ごとになるというのは勘違いです。

あなたが弁護士に依頼をすると、ほとんどの場合は弁護士同士で慰謝料の減額交渉を行うことになります。最初から不倫相手の配偶者が弁護士を通して請求をしている場合はもちろん、不倫相手の配偶者が本人で請求しているときでも、あなたが弁護士を立てれば、向こうも弁護士に依頼するからです。

そして、実は弁護士同士で交渉を行うと円満・早期の解決ができるのです。なぜなら、弁護士同士であれば法律知識に基づいて冷静に話し合いができるからです。

仮に不倫相手の配偶者が非常に感情的でも、向こうの弁護士が説得をしてくれます。

4.-(2)      慰謝料の金額交渉以外の手続きもスムーズに

また、弁護士に依頼すれば慰謝料の金額以外の面でも手続きをスムーズに行えるため早期解決に繋がります。

不倫で慰謝料を請求されたときに自分の法律知識だとわからない選択も出てきます。例えば、相手側が和解案を持ちかけてきたときも、あなたに不利な条件がないかを弁護士が見極めます。

請求された慰謝料の減額以外にも、不倫案件では以下のような様々な点が問題となります。

  • 解決金の支払時期や分割払いの可否
  • どのように解決金を支払うのか
  • 接触禁止条項の具体的な内容
  • 示談書に違反したときの違約金の有無
  • 示談書の細かな文言

弁護士に慰謝料減額を依頼すれば、金額面の交渉が終わり、和解書作成や支払いの手続きへと進んでも弁護士が対応します。

従って、円満・早期の解決を希望する場合は弁護士に依頼する方が良いでしょう。

5.     慰謝料減額を弁護士に依頼するメリット④:不倫がばれずに解決できる

感情的になった不倫相手の配偶者が、請求された慰謝料を払わないと職場や家族に不倫をばらすと脅してくることは少なくありません。。たった1人でこうした恐怖に立ち向かうのは心細いものです。弁護士は脅迫にも対処し、必要があれば犯人に警告を行ってくれます。

とくにW不倫の事案で慰謝料を請求された側も既婚者の場合などでは不倫をばれずに解決したいと考えて弁護士に依頼する方も多いです。

そもそも、弁護士には守秘義務があるため、依頼人の事情を口外することはありません。たとえ依頼人の家族であろうと、本人が望まない限りは案件を秘密にし続けます。

不倫が自分の職場や家族にばれないまま、不倫慰謝料の問題を解決したいなら弁護士に依頼することをおすすめします。

不倫をばれずに解決するためには、細かな配慮が必要になります。この辺りは数多くの慰謝料減額案件をやってきた実務経験が大きくものを言うところです。

弁護士に慰謝料減額を依頼するときには、不倫がばれずに解決した実績について弁護士に確認することをおすすめします。

(参考)不倫がばれずに慰謝料減額に成功した解決事例

6.     慰謝料減額を弁護士に依頼するメリット⑤:裁判になった場合でも安心

弁護士に慰謝料減額を依頼するメリットとして裁判になっても安心な点も挙げられます。万が一裁判になった場合に対応を任せられるのはもちろん、裁判になることをおそれず強気で交渉できるため結果的に大幅な慰謝料減額ができる点も見逃せません。

もしも慰謝料減額の交渉がこじれてしまうと、不倫相手の配偶者は弁護士を通じて裁判を起こして慰謝料を請求してくる可能性もあります。

裁判所で判決が出て、慰謝料が決められてしまうと減額はできません。そうなる前に裁判で自分の主張を述べ、慰謝料減額の正当性を証明することが必要です。

しかし、裁判に慣れていない一般人では、上手く立ち回れずに高額の慰謝料を払わされてしまう恐れもあります。そこで、裁判では弁護士をつけるメリットがたくさんあるといえるでしょう。

また、弁護士に依頼すればあなたが裁判所に行く必要は原則としてありません。裁判が始まると何度も裁判所に行く必要がありますが、裁判所への出廷は弁護士が行います。

弁護士がいれば、出廷も含めて裁判に関する作業を任せられます。本人は事前に要望を伝えるだけでかまいません。

さらに、裁判を恐れる必要がないため慰謝料の減額交渉でも強気に出ることができます。

不倫相手の配偶者や向こうの弁護士は、「請求された慰謝料を支払わないと裁判を起こす」と脅してくることがありますが、慰謝料減額を弁護士に依頼していれば裁判を恐れる必要は全くありません。

もっとも、法律事務所や弁護士によっては、裁判対応の負担を面倒くさがって慰謝料の支払いを妥協する方針を取る場合もあります。従って、弁護士に依頼するときは、慰謝料減額案件の裁判をどの程度やっているかは確認した方が良いでしょう。

7.     まとめ

不倫慰謝料を請求されたとき、自分で慰謝料の減額交渉をするのは限界があります。法的な知識が不足していると交渉は不利になってしまいますし、相手側と顔を合わすのも苦痛でしょう。自分で交渉した結果、解決が長引く危険も出てきます。

慰謝料を請求されて相談をされる方は慰謝料減額について弁護士に相談し、結果として弁護士に依頼するメリットの大きさから弁護士に依頼される方がほとんどです。慰謝料の減額を弁護士に任せるとさまざまなメリットがあるので、是非本記事を参考にしてあなたも弁護士に慰謝料減額を依頼するメリットがあるかをご検討ください。

<慰謝料請求された事案の無料相談受付中>

  • 法律相談・見積りは0円!完全無料
  • 弁護士による電話の無料相談も可
  • 24時間365日受付
  • 土日・夜間の相談も対応

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加