無料相談はアイシア法律事務所

不倫慰謝料減額の手続き・流れ【弁護士執筆】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫慰謝料減額の手続き・流れ

慰謝料を請求されたとき弁護士に減額を依頼した場合の手続きや流れを解説します。一般的な不倫慰謝料、手切れ金の減額事案では、最初1~3か月程度交渉を行って、交渉でまとまらない場合は半年から1年程度の裁判を行うことになります。

【本記事の執筆者】弁護士 小林嵩
東京都品川区生まれ中央大学法学部卒業

青山学院大学法科大学院修了

司法試験合格

都内法律事務所勤務を経て、

アイシア法律事務所に入所

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

手続き①:不倫慰謝料減額の受任通知の送付

不倫慰謝料や手切れ金の減額を弁護士に依頼すると、まずは相手方やその弁護士に対し、あなたの代理人弁護士名義での「受任通知」を送付します。

「受任通知」において、不倫慰謝料、手切れ金の交渉を弁護士が行うこと、あなたに対して直接は連絡しないことを求めます。相手方から執拗な連絡や厳しい追及がなされている場合、受任通知を送付して弁護士が窓口になることで一旦落ち着くことができるのでご安心ください。

不倫慰謝料や手切れ金を請求された場合、支払期限や連絡期限が指定されていることが一般的です。期限内に受任通知を送付できるように、最短ではご依頼いただいた当日に受任通知を発送いたします。

手続き②:不倫慰謝料の減額交渉

受任通知送付後は、あなたに代わって弁護士が不倫慰謝料、手切れ金の減額交渉を行います。減額交渉では、現実的にどの程度支払えるかや、対応に対するご要望に沿って減額交渉を行います。

また、あなたの事案における事実関係・証拠関係を調査し、類似事案の裁判例を検討した上で、適正妥当な慰謝料金額を算定します。妥当な慰謝料金額について弁護士が算定根拠資料を作成すると、不倫相手の配偶者や不倫相手(愛人)はこちらが提示した不倫慰謝料、手切れ金に納得してくれることがあります。

不倫慰謝料、手切れ金の減額交渉は概ね1~3か月を目安に行います。もっとも、慰謝料減額交渉の目安期間内に細かい条件が合意できないだけで、概ね不倫慰謝料や手切れ金の金額に合意できている場合は、交渉で解決できる見込みが高いので、目安期間を超えて交渉を継続することがあります。

手続き③:約86%の事案が不倫慰謝料の減額交渉で解決

不倫相手の配偶者や不倫相手(愛人)から不倫慰謝料や手切れ金を請求された場合でも、実は多くの事例で交渉による解決が可能です。アイシア法律事務所の実績では、終了した案件のうち交渉によって解決できた事案が約86%です(※)。

弁護士に不倫慰謝料の減額を依頼すると必ず裁判になると思っておられる方もいらっしゃいますが、そうではないのでご安心ください。もっとも、アイシア法律事務所は予め裁判まで受任しておき、裁判も辞さずという態度で徹底的に不倫慰謝料の減額交渉を行う場合が大半です。裁判を前提に強気の減額交渉を行うからこそ、相手方が譲歩してくれ、逆に不倫慰謝料、手切れ金の減額を交渉によって実現できるのです。

※2017年3月現在

手続き④:不倫慰謝料、手切れ金の請求が中止される場合

不倫慰謝料や手切れ金を請求された場合、あなたが依頼した弁護士が対応すると、不倫相手の配偶者や不倫相手(愛人)から請求が中止されるときがあります。この場合、概ね3か月程度様子を見て、請求が再開されない場合は、事実上請求が放棄されるようです。

従って、弁護士に減額交渉を依頼すると、事案によっては不倫慰謝料、手切れ金の請求が中止されるため、不倫慰謝料、手切れ金0円で解決できる場合もあります。

手続き⑤:不倫慰謝料請求の裁判

不倫慰謝料、手切れ金の減額交渉がまとまらない場合、やむを得ず裁判によって解決を行うことになります。不倫慰謝料請求の裁判は通常であれば半年から1年程度行われることになります。

裁判を恐れる方もいますが、通常は裁判を起こされたことが世間に知られることはほとんどありません。また、不倫慰謝料、手切れ金の減額を弁護士に依頼する場合、あなたは原則として裁判所に行く必要はありませんのでご安心ください。但し、1回だけ裁判が大詰めになったときに、裁判官が直接あなたの話を聞きたい場合、映画やドラマの証人尋問のような尋問手続きのために裁判所に行かなければなりません。尋問手続きは概ね1時間~2時間程度です。

なお、裁判によって不倫慰謝料、手切れ金を請求された場合でも、必ずしも裁判官から判決が下るわけではありません。むしろ、多くの事案では裁判官から一定程度の和解金を支払っての和解の打診があり、多くの事案は和解によって解決できます。

高額な不倫慰謝料の請求を受けた場合は、アイシア法律事務所にご相談ください。法律相談と見積りは無料です。弁護士による無料の電話法律相談も承っております。まずは悩まず気軽にお問合せください。

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可

・0円!完全無料法律相談

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加