無料相談はアイシア法律事務所

解決事例:複数回の誓約書違反にもかかわらず裁判で不倫慰謝料を180万円減額に成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決事例:複数回の誓約書違反にもかかわらず裁判で不倫慰謝料を180万円減額に成功

1.     事案の概要

ご依頼主様(20代/女性)は、職場で知り合った既婚男性と不倫関係を持つようになってしまいました。

不倫関係は、相手方奥様の知ることとなり、二度と会わない旨の誓約書を作成しました。しかし、既婚男性から連絡があるとご依頼主様はこれに応じてしまいました。

何度かこのようなことを繰り返した後に、相手方奥様はご依頼主様に対して慰謝料を請求するとともに職場を辞めるように要求しました。

ご依頼主様は、これに応じる旨を返答したものの、既婚男性との交流を止めることができませんでした。

最終的に、ご依頼主様は、奥様から慰謝料300万円を請求する裁判を起こされてしまいました。裁判を起こされて困ったご依頼主様は私たちにご相談されることになりました。

2.     慰謝料問題を私たちに依頼した理由

2.-(1)     誓約書・合意書を作成した事案でも慰謝料減額の実績

本件は、不倫が発覚した後に二度と会わない旨の接触禁止の誓約書を作成した事案でした。

私たちは、このように接触禁止の誓約書や慰謝料を支払う旨の合意書を作成してしまった事案についても慰謝料の減額に成功した実績があります。

誓約書・合意書を作成する等の慰謝料減額が困難な事案の解決事例

※最新の5記事のみを表示しております。

誓約書・合意書を作成した場合でも高額な慰謝料を請求されたのであれば減額できる場合があります。

法律相談は無料ですので他の弁護士に断られたような場合でも一度ご相談いただければと存じます。

高額な慰謝料の減額・免除の無料相談へ(24時間365日受付)

  • 0円!完全無料の法律相談
  • 弁護士による無料の電話相談も対応
  • お問合せは24時間365日受付
  • 土日・夜間の法律相談も実施
  • 全国どこでも対応いたします

 

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

2.-(2)     慰謝料請求訴訟の被告側の弁護士

私たちは、慰謝料請求訴訟を起こされて被告になった事案についても多数の解決実績を誇っております。慰謝料請求訴訟に強い弁護士が揃っております。

本件も慰謝料を請求する裁判を起こされた事案でしたが、慰謝料請求訴訟に強い弁護士が対応したことでご依頼主様は安心してお任せいただくことができました。

3 解決までの流れ

3.-(1)     接触禁止の誓約書に違反した場合の効力について

本件では接触禁止の誓約書を作成したにもかかわらず、何回もこれに違反をしてしまった事案です。

誓約書や合意書を作ると慰謝料減額ができないと思われるかもしれませんが、あまりに高額な慰謝料であれば減額ができることも少なくありません。

誓約書・合意書を作った事案では以下のような点がポイントになります。

  • 誓約書・合意書を誰が作成したか
  • どのような内容が記載されているか
  • 高額な違約金が記載されていないか

もし誓約書・合意書ががある事案でも弁護士が書面を拝見し、違約金の定めが一部無効であると判断できる場合には慰謝料を減額できる余地があります。

本件でも、誓約書の記載内容から慰謝料減額の見込みが十分あるということで、その旨を主張しました。

3.-(2)     ご依頼主様に有利な慰謝料減額事由の整理

不倫で慰謝料を請求されたときは、裁判例等に基づいて慰謝料減額事由と認められる事情を主張することが必要です。

慰謝料減額の理由として主張されることが多いのは以下のような点です。

  • 離婚していない
  • 不倫期間は短く、肉体関係の回数は少ない
  • 不倫に対して消極的だった
  • 求償権を放棄する
  • あなたの配偶者が不倫を知っている

(参考)慰謝料減額交渉 5つの理由【弁護士執筆】

本件でも、弁護士がご依頼主様に有利な慰謝料減額の理由を整理・主張したことが慰謝料の大幅な減額に繋がりました。

4 解決結果:複数回の誓約書違反にもかかわらず不倫慰謝料を180万円減額に成功

本件は、不倫相手と二度と会わない旨の誓約書を何度か作成したにもかかわらず、不倫相手と私的な交流を続けた事案です。

複数回の誓約書違反があり悪質な事案であると判断される可能性もありましたが、弁護士が的確な反論を行うことで慰謝料の減額に成功しました。

相手方弁護士は慰謝料300万円を請求しましたが、最終的には私たちの反論が認められて最終的には解決金120万円を支払うことで和解することができました。

請求された金額 解決金・示談金の額 慰謝料減額の金額
300万円 120万円 180万円

誓約書・合意書を作成した事案では慰謝料の減額が難しいと一般的に言われます。しかし、私たちは誓約書・合意書を作成した事案でも慰謝料減額に成功した実績がございます。

もし他の法律事務所に断られたような場合でも、私たちであれば誓約書・合意書を拝見して慰謝料が減額できる見込みがあることもあります。

法律相談は無料ですので、まずは悩まず無料相談についてお問合せください。

高額な慰謝料の減額・免除の無料相談へ(24時間365日受付)

  • 0円!完全無料の法律相談
  • 弁護士による無料の電話相談も対応
  • お問合せは24時間365日受付
  • 土日・夜間の法律相談も実施
  • 全国どこでも対応いたします

 

>>✉メールでのお問合せはこちら(24時間受付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加